Yahoo!プロモーション広告にアフィリエイトサイトが掲載不可に変更

いわゆるアド系(PPC系)でアフィリエイト広告を運用してきた方には大打撃。2019年3月のGoogleコアアップデートに続き、2019年は個人アフィリエイター大虐殺の一年となってきた感じがあります……。

ビジネスモデルが成果報酬型サイト(アフィリエイトサイトを含む)およびそれと同等と判断したサイトについては、「広告のクリック等をさせることを主目的としているもの」に該当するサイトとし、広告掲載不可に変更します。

とのことです。ドイヒー。

アフィリエイトサイトはYahoo!広告が2019年6月以降NGに

完全に名指しでアフィリエイトNGとされていますので、Yahoo系ではアド系(PPC系)を使った広告展開、アフィリエイトサイト運用はダメになる見込みです。

しかしながら、アフィリエイトサイトを排除するという内容のルール改定のタイトルが「広告の有用性について」という表現はなんかすごいなぁ。と思います。

価格.comのクレジットカード比較とかは完全にアフィリエイトサイトだと思うのですが、これはOKなのでしょうか?

 

どこに影響がある?

Yahoo広告を使って運用していたアフィリエイトサイトは大きく影響を受けるでしょうね。

間接的にはASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)も結果的にダメージを受ける結果になりそうです。バリューコマースとかファンコミュニケーションズとかはダメージ大きそうな感じ。

SNSでもご購読できます。