アフィリエイトサイト作りのネタ集め3つの思考法

アフィリエイトサイトを作るとき、作り始めたらあとはガーっといけちゃうんですけど、どうしても「どんなサイトを作ろうかな?」と考えているときが一番大変です。というわけで、アフィリエイトサイトを作るときに、僕がどんなことを考えてサイト作りをやっているのかを「ASPにある広告から探す」「ソリューションから考える」「検索キーワードから考える」の三つをピックアップ。

ASPに登録されている広告から探す

一つの方法として有りです。むしろ、WEBマーケターと呼ばれる人は商品や商材が決まった中でその商品についてプロモーションをしていくわけですから、それと同じようなものですね。
アフィリエイターの場合はアフィリエイト広告として提示されているものから選べばいいだけなんでむしろやりやすいかもしれません。
広告をザーッとみていきながら、いろんな会社のいろんな広告を見ていてて、その中から、面白いサイトが作れないかなーと考えていく方法です。
>>ASPに登録されている広告からアフィリエイトサイトを設計する

ソリューションから考える

ソリューション、なんていうと大げさですけど、ネットで検索をするユーザーってのは何かを求めて検索しているわけですよね。
もちろん、You tubeやニコニコ動画で面白い動画がないか漠然と見ている人もいるでしょうし、楽天市場やAmazonなどで直接商品を探している方もいるでしょう。しかし、Googleなどの検索エンジンで「検索」をするユーザーってのは何か検索をするだけの理由があって検索していると考えます。そこで、ユーザー像を作ってみて、その人を「○○したい人」と位置づけて、その人の○○したいを解決することができる方法はないだろうか?
といったところから、解決できるホームページやウェブサービスを考えていくという方法です。
>>ソリューションから考えるアフィリエイトサイト設計法

検索キーワードから考える

Googleキーワードツールなどを使う事で、色々な検索キーワードを見ることができます。キーワードっていうのは、需要の塊みたいなものですから、インターネットユーザーがどんな情報を探しているのか?どんなサイトを探しているのか?がキーワードをみるだけでもある程度わかってきます。
そうした何を求めているのか?にピッタリあうようなサイト案を考えていくというものです。
>>検索キーワードから考えるアフィリエイトサイト設計法

とりあえず、ザッと三つの考え方を挙げましたが、需要があればそれぞれの方法についてもっと詳しく掘り下げていきたいと思います。
それぞれの方法の詳細については、それぞれの見出し下に詳細についての情報を掲載しました。リンク先をご覧ください。

SNSでもご購読できます。