アフィリエイターの年収はいくらなのか?

アフィリエイトをこれからはじめようという方にとって、実際にアフィリエイトでどのくらいの年収を稼げるのか?ということについて知りたいという方も多いようです。ここでは実際のアフィリエイターの収入に関する統計から、アフィリエイターの年収は幾らくらいなのか?どのくらい安定しているのか?ということを見ていきます。

アフィリエイターの年収(収入)は二極分化傾向

まず最初にアフィリエイターと呼ばれる人たちの年収(収入)は、「とっても稼いでいる人」と「全然稼げていない人」に分かれています。都合の良い資料に「アフィリエイトマーケティング協会」というところが出している資料があるので使ってみましょう。
(出典:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2010

これによると母集団は1513件となっています。(サンプルとしての偏りはやや否めませんが・・・)

アフィリエイト経験年数の割合

  • 1年未満:30%
  • 2年未満:15%
  • 3年未満:16%
  • 4年未満:12%
  • 5年未満:10%
  • 10年未満:16%
  • 10年超:2%

ちなみに僕の場合は2004年からアフィリエイトを始めているのでスタートなの10年未満のところに該当する感じですね。
これを踏まえた上で、実際のアフィリエイター年収(月収)額を見ていきましょう。

アフィリエイトによる月収の割合

  • 収入なし:30%
  • 5,000円未満(年収6万円):45%
  • 1万円未満(年収12万円):7%
  • 5万円未満(年収60万円):10%
  • 20万円未満(年収240万円):7%
  • 50万円未満(年収600万円):4%
  • それ以上:6%

あまり夢のない結果となってしまっていますね。月1万円未満という収入が、全アフィリエイターの82%を占めています。
一方で、月収50万円超というアフィリエイターも全体の6%(母数が1513件なので90人以上)もいる計算になるわけです。
まぁ、アフィリエイトだけで生活できるかなというレベルを月収20万円超と見た場合なら全体の10%も存在することになります。
ちなみに、アフィリエイト収入にも所得税や住民税などの税金がかかりますし、ここから国民健康保険料や国民年金などの支払いがあります。なので、このアフィリエイト月収は手取りではないということを明記しておきます。

大切なのは年収よりも自分自身のスタイル

アフィリエイトによる稼ぎの絶対額も大切ですが、それだけでなく副業としてアフィリエイトをやるのか?それとも専業アフィリエイターとして生活したいのかによって全然違ってきます。この統計はそうした人たちのスタンスは関係無しに、アフィリエイターというくくりにしているようです。
なので、10年以上の経験という方でも小さな趣味のサイトを運営していて収入は月に数千円というちょっとしたお小遣い稼ぎをしている方もいますし、アフィリエイトを仕事にしてそれで生活費を賄っているという方もいらっしゃいます。

なので、一括りにしてアフィリエイトで年収はいくらか?というのは資料にも何にもなりません。プロとして生活費を稼ぐという意味では月収20万円(年収240万円)ではかなり厳しいでしょうが、会社勤めをしながらの月収20万円は副業として「かなりおいしい」レベルだと思います。

僕の場合は専業なので、やっぱりある程度の稼ぎがないと生活もできません。そのためにはサイト制作にはかなりの時間もかけています。
この記事のキャプチャ画像にも使っていますが、income(収入)を得るためにははtime(時間)が必要です。
それなりの年収をアフィリエイトで得るにはサイト制作のためにある程度の時間もかける必要があります。日々わずかな手間だけで月収何十万円といったような甘い世界ではありません。
もっとも、時間さえかければ稼げるというものでもないのですが……

SNSでもご購読できます。