大企業のプロモーションを活用する個人アフィリエイト戦略

昨日の記事でshouichiroさんがネット広告・プロモーションにおける「需要創造」と「見込み客誘導」という記事を書いていましたが、これについてのアフィリエイトサイト運用について僕の意見をちょっと述べますね。
僕ら個人アフィリエイターは企業のいわゆる「需要創造型の広告」によって作られた需要をインターネットを通じてどのようにして活用するのか?ということも一つの戦略だと思っています。

マスメディアによって創造されたキーワードを活用する

日々、色々な新語がマスコミによって作られたり、新しい商品やサービスが紹介されたりします。テレビメディアとインターネットメディアについては、近年インターネットメディアの攻勢が伝えられていますが、それでも情報媒体の主役はテレビメディアです。

実際にテレビメディアによって放送されることで、一気に膨大なトラフィック(アクセス数)を生み出すことも多々あります。

僕たちアフィリエイターという職業は、どのようにして広告主の商品やサービスをわれわれのウェブサイトを経由した上で(アフィリンクを踏んでもらって)、買ってもらえるのか?とういうのが重要なわけです。

じゃあ、具体的にマスメディアによって創造された需要をどのようにしてアフィリエイトサイト構築に活かせばいいのでしょうか?

テレビ欄から「プッシュ」される情報を探す

テレビ番組というのは一部の報道番組などを除けば、ちょっと前にはどんな番組があるのかは週間テレビ欄などを見ることで分かります。最近は問題もあってめっきり減りましたが、アフィリエイトで良く使われていたのが、「あるある大辞典」などの健康番組などで紹介される「キーワード」をあらかじめ予測して、サイトを作っておくという方法です。
たとえば「納豆でダイエット」みたいな感じの番組だったとすると、テレビが始まってから「納豆 ダイエット」などのキーワード検索が爆発的に増加します。
そのキーワードに対するアフィリエイト広告つきのランディングページをあらかじめ作っておくという方法です。キーワードがもともと有名でない場合ほど、その戦略は有効です。

SEO対策をする十分な時間がない場合には、リスティング広告の活用なども検討されます(もっともリスティングにかける広告費とアフィリエイトによる収入についてはしっかり検討する必要もありますけど)

これ以外にもいろいろ、テレビ、雑誌、ラジオなどのメディアから発信されている情報はあるかと思います。ニュースや事件などで新しい今まではあまりなじみの無かった言葉に注目が集まることもあります。
こうしたことにしっかりとアンテナを張って、適した情報と広告を提案していくのもアフィリエイトのテクニックの一つかと思います。

まあ、shouichiroさんの記事的には、焼畑農業的戦略とか言われそうですけど。なので今回の記事のサムネイル画像は「とんび」にしました。油揚げを掻っ攫っていくアフィリエイト戦略です(笑)

SNSでもご購読できます。