クラウドソーシングで食べていけるか?

crowdお久しぶりです。私はアフィリエイトをメインでやっていて、その収入で食べているわけですが、最近は「クラウドソーシング」というサービスも人気のようです。インターネットを通じて仕事をアウトソースするというわけで、場合によっては高額な案件もあるみたいです。

今回はこのクラウドソーシングを使って仕事をしてそれだけで食べていけるのかどうか?ということを考えていきたいと思います。

クラウドソーシングで食べていけるか?

まず、特定の技能や技術があって、それがクラウドソーシングによってアウトソースされる系の仕事と合致していれば食べていけないことはないでしょう。

今のところは、WEB制作、デザイン、ロゴ、翻訳などが比較的高単価な仕事としてアウトソースされているようです。この辺りの仕事をメインでやっている方については、本業をやりながらそれで仕事をしてダブルインカムという形で十分な報酬を得られそうです。

また、それぞれのクラウドソーシングサービス上である程度活躍するとそれなりの仕事依頼が舞い込む可能性も高くなります。そうやってキャリアを積んでいけば、クラウドソーシングだけで食べていくというのも十分に可能になってくるでしょう。

特に、これらの仕事は場所を選ばないので、主婦が自宅で仕事といったようなスタイルにもマッチしていますね。

 

作業(タスク)などで食っていくのは無理

一方で、クラウドソーシングの中でも口コミ依頼やブログ記事作成などいわゆる「タスク」と呼ばれる業務については、お小遣い稼ぎ以上の稼ぎは無理です。

SEO会社やそれに類する会社などが自社のサテライトサイトなどの運用目的で依頼しているケースも多いようで、単価は低いです。

実際に私も、ランサーズとクラウドワークスの2サイトで試してみましたが、どんなに頑張っても時給500円くらいが関の山です。クオリティを落とせばもっといくかもしれませんが、そうなると多分承認率が落ちそう。

隙間時間の副業程度に考えれば時給500円くらいでも満足という方もいるかもしれませんが、食べていくとなると話は別でしょう。

ちなみに、クラウドソーシング系サービスについては「ランサーズ」と「クラウドワークス」が代表的みたいです。クラウドソーシングで稼ぐということについて興味がある方は「クラウドソーシングで副業」などのコンテンツも役立つかもしれません。

SNSでもご購読できます。