スマートフォン向け広告ASP「nend」を導入、その効果・単価

大手アフィリエイトサービスA8netをやっているファンコミュニケーションズが提供しているスマートフォン向け広告プラットフォームnendを、運営サイトの一部に導入しました。スマートフォン向けのオーバーレイ広告が利用できます。

スマホユーザーと広告

スマートフォンユーザーが増加する中、あまり広告対策をやってこなかったのですが、初めてスマートフォンユーザー向け広告としてnendを導入してみました。

広告としては所定の場所に配置するインライン広告と、画面下などに表示するオーバーレイ広告があります。今回はオーバーレイ広告で試しています。

おおよそ1ヶ月経過したのでほかの広告状況も含めてレポートしたいと思います。

まずnendのCPCは9円ちょっと。広告のクリック率は0.28%となっていました。
決して悪い数字ではないですね。

nendを導入したことでほかの広告の収益性は特に低下していないようでしたので、この分だけ際と収入が増えたと考えてよさそうです。もともとスマホ広告は完全無視していたので、この結果になったわけで、ほかのスマートフォン向けの広告配信サービスを導入されているかたは、CPC9円とCTR0.28%という水準とを比較してみるとよいかもしれません。
(数字は私の運営サイトの話なので、この数字とどれほど近いものになるのかはわかりませんが)

nendは稼げるか?

携帯向けの広告としはかなり優秀だと思います。
運営元もファンコミュニケーションズ(東証1部)ですし、アフィリエイト広告の老舗企業でもあるので広告主集めにも一日の長があるようです。

スマートフォン専用の広告配信サービスとしてはおすすめのサイトです。

SNSでもご購読できます。