ブログで収益化を狙うなら雑多なテーマではなく絞ったテーマがオススメ

収益化を目的としてブログを書こうと考えているという方も多いかと思います。そんなとき、ブログのテーマを何にするかを悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

このブログのテーマ、できるだけ幅広い内容で書くようにする方が記事を書きやすいですし、書き始めのアクセスの確保もしやすいです。お小遣いレベルの収益を求めるのであればそれでも問題ないかと思います。

その一方でまとまった収益化を目指したいと考えているのであればブログの内容はテーマを絞ることが重要になります。

コンテンツマッチ広告の収益性低下

WEBサイトやブログにおいてコンテンツマッチ広告は掲載しやすい上にメンテナンスも不要なため、主力な広告として扱われることが多いです。
とくにブログサイトなどでは主な広告収益はコンテンツマッチ広告というケースも多いかと思います。

代表的なものはGoogleAdSense(グーグルアドセンス)です。
それ以外にも様々なコンテンツマッチ広告サービスがありますが、広告収益を考えると体感では1/10以下にしかなりません。

さて、こうしたコンテンツマッチ広告はサイトやブログ内の文章等の「コンテンツ」にあった広告を配信することになります。内容が絞られていればいるほど、よりマッチした広告が配信されやすくなります。

結果としてCTR(広告のクリック率)も高くなり、収益性が向上します。

逆にコンテンツの内容が雑多だと、広告配信も広告を絞りにくくなり関連性の薄い広告が配信されやすくなります。結果として収益性は低下します。広告の質もCPC(単価)重視ではなく、インプレッション(表示回数)重視の広告が配信されやすくなり、極端なアクセス数を誇るようなサイトでないと収益性が低下します。

あなた自身がすでに著名であり、あなたの名前で集客ができるというのであれば別ですが、そうでないなら、テーマを絞りブログの専門性を高めていきましょう。

専門性が高まり、良質な記事が集積していけば広告単価はもちろん、おのずとそのサイトの価値は高まっていきます。

SNSでもご購読できます。