アフィリエイト広告の仕組みと広告主、広告掲載者が取るべき戦略

アフィリエイトというとホームページやブログの広告という認識を持っている方が多いと思いますが、実際の仕組みはご存じない方も多いかもしれません。今回はホームページやブログをお持ちの方も、そうでない方も、アフィリエイト広告を出稿してみようかなと感がている方も、知っておくと役に立つアフィリエイト広告の仕組みや報酬の発生要件などを説明していきます。

基本は「成果報酬型」と呼ばれる広告

アフィリエイト広告は成果報酬型が一般的です。

たとえば、ECサイトの広告であれば、実際に商品が売れた場合に事前に定めた報酬を支払うといった形です。実際に商品の販売以外にも、「会員登録」「資料請求」など様々な場所を成果地点とすることができます。最近では一部のアフィリエイトサービス事業者が「電話問い合わせ」を成果地点とする仕組みなども導入しています。

 

アフィリエイト広告に関する3つの立場

アフィリエイト広告には基本的には3人の立場の人が参加します。

 

・ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)
アフィリエイト広告のシステムを提供している会社です。ホームページ運営者と広告主(クライアント)の間に立って、アフィリエイト広告のシステムを提供しています。A8ネットやバリューコマースなどの会社がこちらにあたります。

 

・広告主(クライアント)
広告を出したいと考えている法人や個人です。大手企業の場合は広告主の代わりに広告代理店が出稿作業などを行っているケースも多いです。

 

・アフィリエイター(広告掲載者)
ホームページやブログを運営している人です。自分の運営サイトやブログに、ASPが提供しているHTMLタグ(広告タグ)を貼りつけるて、広告を掲載します。
アフィリエイターのサイト経由で前述の「成果」が発生してそれが承認された場合には報酬が発生します。

 

アフィリエイト広告を出稿するメリットとデメリット

まずは広告掲載側のお話をしていきます。

 

まずはメリットの紹介

広告主がアフィリエイト広告を利用するメリットはやはり「成果型」だということです。ネット広告の代表と言えばやはり「リスティング広告(検索連動広告やコンテンツマッチ広告)」などが低予算からできる広告となっていますが、こうした広告はCPC型(クリック課金型)となっています。

そのため、いくらクリックされても成果が発生しない(広告費の持ち出しになる)ケースもあります。一方でアフィリエイト広告なら「成果」が発生しなければ広告費が発生しないわけです。これが大きなメリットと言えます。

ちなみに支払う報酬(広告費)は自由に決めることができます。極端な例ですが、販売額の100%以上を設定することもできますし、販売額の1%といったように少ない報酬にすることもできます。

報酬が高いほど広告を掲載してくれる人が増えやすいという傾向がある一方で、成果報酬を高くし過ぎると広告費負担が大きくなるというリスクもあります。

なお、ASPに対しては通常成果報酬の20%程度が別途手数料として必要になります。

 

デメリットは月額の固定費

一方で、広告主のデメリット・リスクとしては「月額費用」がああります。各ASPともに概ね5万円程度です。広告出稿当初は掲載してくれる運営者も少ないため、どうしても固定費用が持ち出しになりやすいというデメリットがあります

あまりにも少額の報酬にし過ぎると全然掲載者が増えずに、アクセス(成果)も増えない、結果として固定費だけ毎月支払う羽目になる…。といった状況が懸念されます。

 

アフィリエイト広告はある程度スケールできると効果的な広告

以上から、アフィリエイト広告に出稿するという場合には、ある程度スケールする(規模を拡大する)ということが必要条件となります。

5万円の固定費も、月に100件のコンバージョン(成果発生)がうまれるようになればわずか1件あたりの経費は500円にまでおとすことができます。当初は赤字になると思いますが、ある程度の件数を取れるようになるまで予算的に頑張れるかどうかが重要になります。

まず最初のアフィリエイト広告の出稿先としておすすめのASP
A8net

 

アフィリエイト広告を掲載する側にとってのメリット・デメリット

続いて、広告を掲載する側(ホームページ運営者やブロガー)にとってのアフィリエイト広告のメリット、デメリットを紹介していきます。

 

案件によっては高いEPCを生みだす

アフィリエイト広告はGoogleAdSenseのようなCPC型(クリック型)の広告ではありません。いくら広告がクリックされても、結果(成果)につながらないと報酬もゼロです。

その代わりと、案件によっては非常に高いEPC(クリック当たり収益)を生みだすこともあります。
たとえば私が運営している金融系のアフィリエイトサイトではEPCが1000円を超える広告もあります。アドセンスの様なクリック型の広告だとこの水準のEPCは非常に珍しいです。

また、成果を上げていけば、特単(特別単価)のような好条件の広告を利用できる可能性も高くなります。アフィリエイト広告は成果を上げられればそれだけさらに稼ぎやすくなるという特徴があります。

 

一方、わざわざ「案件によっては」と書いているのは二つの理由があります。

 

1)サイトやコンテンツ、ユーザーとマッチしているか?
アフィリエイト広告はユーザー(訪問者)のニーズと広告がマッチしているかどうかが重要になります。たとえば、女性用の財布について書いているページで、美味しいスイーツのアフィリエイト広告を貼っていても成果は見込みにくいでしょう。

広告はサイトやコンテンツ、ユーザーとマッチしていることが重要になります。これはサイトの運営者側でコントロールできる部分です。「アフィリエイトサイトを作るなら集客ページとコンバージョンページを意識してサイトを構築するべき」などの記事も参考にしてみてください。

 

2)広告主の取捨選択も重要
広告主は自由に報酬を決めることができるのがアフィリエイトです。広告主によっては異常に成果の承認が悪い、報酬単価が低いといったケースもあります。

広告を貼る側も広告の成果の発生状況や承認状況を確認して、不適切な広告は貼らないといった対応も必要です。

たとえば私が運営しているサイトで食料品のECサイトへの広告を掲載していたのですが、クリックに対するコンバージョン率が低く、報酬のレートも低かったので、広告の掲載をアフィリエイトからAdSenseに変更したところ、サイト全体の収益が2倍以上になったケースもあります。

必ずしもアフィリエイトの方がGoogleAdSenseのようなクリック広告よりもいいというわけでもないということは理解しておく必要があります。

SNSでもご購読できます。