自己アフィリエイトの始め方とポイントサイト利用との比較

自己アフィリエイトというのはアフィリエイト広告の活用方法の一つです。アフィリエイト広告は成果が発生した時に広告料を受け取れるという仕組みですが、その仕組みを使って、自分自身で成果を発生させて報酬を受け取るというものを自己アフィリエイトと呼びます。

各ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)では、この自己アフィリエイトの仕組みを公式に提供しています。上手に活用すれば商品を安く購入できたり、ちょっとしたお小遣い稼ぎもできます。

今回はその自己アフィリエイトの始め方と、自己アフィリエイトとシステム的に似ている「ポイントサイト活用」との違いを比較していきます。

自己アフィリエイトの仕組み

自己アフィリエイトを知るには、まずアフィリエイトの仕組みを理解する必要があります。

アフィリエイト広告というのは、ネット広告の一種で、広告をクリックしたユーザーが広告主があらかじめ定めている特定の行動(商品購入、会員登録、資料請求など)を行った時に広告料が発生するという成果報酬型の広告です。

もっと詳しく知りたい方は「アフィリエイト広告の仕組みと広告主、広告掲載者が取るべき戦略」もご参照ください。

 

普通アフィリエイトというのはこの広告の仕組みを、自分のホームページやブログに掲載して、サイトにきたユーザーに対して提供する(ユーザーが成果条件を満たした時に運営者に報酬が入る)形になっています。

自己アフィリエイトというのはホームページやブログ運営者自身が「ユーザー」として広告をクリックして成果を発生させることで運営者であもある自分に報酬(広告料)を発生させるというものです。

こうすることで100%確実に報酬を発生させることができます。

 

自己アフィリエイトのサービスを提供しているASP

一部のASPではこの自己アフィリエイトをサービスとして提供しています。

・A8net
審査不要&ホームページもブログも不要です。サイトがなくても自己アフィリエイトを始めることができます。登録後「セルフバック」と言うところから広告主のサイトに行って成果条件を満たせば報酬がもらえます。他のASPも同じ仕組みを提供していますが、他サイトはホームページやブログが必要になります。
>>A8netのセルフアフィリエイトについて詳しく見る

 

仕組み的にはポイントサイトと同じ

ポイントサイトの仕組みについては「ポイントサイトからポイントがもらえる仕組みを理解しよう」や「ポイントサイトで簡単・手軽に副業、副収入を得る方法」などを参考にしてほしいところですが、仕組み的には自己アフィリエイトと全く同じです。

じゃあ、どっちがいいのか?って話ですね。

 

正直言うとポイントサイトの方がいいケースが多い。

当たり前に考えると、自己アフィリエイトの場合は「広告主⇔ASP⇔あなた」と言う3者だけ。一方のっポイントサイトの場合は「広告主⇔ASP⇔ポイントサイト⇔あなた」という4者の関係になります。

中抜きを考えれば、間に入る人が少ない自己アフィリエイトの方が収益性が高そうです。
ところが、広告主とアフィリエイターの広告報酬って画一的なものではないんです。広告主も成果を出しているアフィリエイターに対しては特単(特別単価)のような特別な広告料をだしています。

比較的メジャーなポイントサイトは特単をもらっている案件も多く、ポイントサイトユーザーへの還元率を高くできるケースも多いわけです。

さらに、広告主にはセルフアフィリエイトをNGとしているところもあります。代表的なところだと楽天市場とかはNGにしています。でも、ポイントサイト経由だとOKです。

なお、逆にポイントサイトとの提携をNGにしている広告主もいるので、広告主についてはケースバイケースのところもあります。

 

結論としては両方使うべきってところになります。

どちらにも一長一短な面があるわけですので、両方に登録しておくことをオススメしています。

代表的な自己アフィリエイトが可能なASP
A8netセルフバック

 

代表的なポイントサイト
げん玉(ポイントサイト)
ポイントタウン(ポイントサイト)
ハピタス

 

以上、自己アフィリエイトの始め方とポイントサイト利用との比較でした。上手に活用しましょう。

SNSでもご購読できます。