Yahooショッピングが出店費用、手数料無料化を発表!ECサービスのフリーミアム進む

yahoo2013年10月7日にYahooのeコマース革命として初期費用、毎月固定費、売上ロイヤルティを無料とする新料金体系を発表しました。大胆なことをしましたねー。ライバルの楽天市場つぶしにかかってきたというところでしょうか?stores.jpのようにECサービスの無料化が進む中、最大手の一角がこのように無料を打ち出したのは大きなことですね。

BtoBでもフリーミアムの流れが進む。

楽天市場は特に高いけど、こうしたモールは固定費+ロイヤリティが大きくて、これを無料にするというのは二番手ながら、その他事業で儲かっているYahooだからこそできる話かと思われます。

Yahooへの出店が増加して、楽天と比較してイマイチだった品ぞろえを強化した上で、豊富なYahooのトラフィックを活用した広告やポイントサービス等によって利益を取ろうという戦略なのでしょう。

モールに出店するECサイトのオーナーのリテラシーは今より高いレベルで求められるようになるのでしょうが、こうした出店している人たちのIT関連のレベルは格段に上昇しており、対応可能という読みなのでしょう。

 

最大手、楽天市場はどうする?

正直、これに追随できるとは到底思えません。
楽天が抱えている人間や採用しているシステムなどを考える限り、多少の値下げはあるかもしれませんが、固定費+ロイヤリティ無料化という流れにはならないでしょう。

DeNAなども大変でしょうが、こちらはすでに軸足がソーシャルに移っているのでさほど影響ないかも。

 

独立系のECサービス(ASP型)はどうなる?

あと、気になるのがMakeShopなどの独立系のECサービス。
ASP型ネットショップとモール出店の違い」でも書かれているけどモール系の高いロイヤリティを嫌気して自前でやっていた会社も多いと思うので、Yahooの対応によってこれらも動かざるを得ないといえそう。

そりゃ、手数料がほとんど変わらなくなったら、自分で集客対策しなくていいモールの方に人気が出るのは当然だし。

これからしばらくはECサービス業界から目が離せないですね。

SNSでもご購読できます。