ディレクトリサイトからのリンクもスパム認定へ

ディレクトリサイトに対してGoogleが実質的には有料リンクなんだから、nofollow付けろよ!と突き付けたようです。相互リンクについても先日否定したわけですが、ディレクトリサイトについてもスパムであると断定したようです。

iディレクトリの事例

ディレクトリサイトのiディレクトリは下記のような記事をリリースしました。

Googleの指導に伴うパートナーサイト“nofollow”対応についてのお知らせ

週末、複数のパートナーサイト宛てに、ウェブマスターツール経由でGoogleからリンクにrel=”nofollow”を付けるよう指導するメッセージが届いたというご報告を頂きました。

現在のところ、改善を推奨するメッセージのみで、ページランクや検索結果への影響は発生しておりませんが今後、パートナーサイトおよび登録サイトに 何かしらの影響が及ばないよう、急きょ、iディレクトリ本体サイトを除く全てのアンカーテキストリンクをnofollowにする事と致しました。

各パートナーサイトからは、オリジナルコンテンツがiディレクトリ本体であるとGoogleに伝えるためのrel=”canonical” 記述を加える事で、評価をiディレクトリ本体に集中させ、SEO効果が薄れないよう努力致します。

この度は緊急を要すると判断したためnofollow設置後の事後報告となりました事をお詫び申し上げます。

もともと、SEO目的のディレクトリサイトであるということは明らかなサービスではありますが、これまでは審査料という名目でお金を受け取っているわけであって、有料リンクではないという弁を主張していたサービスだったわけです。

ところが、Googleからの指摘によって公式に否定された形になります。

こうしたサービスへの警告は複数のディレクトリサービスに対して寄せられたそうです。

 

グレーなサービスは今後ブラックに?

SEOに関して、Googleは直近、強力なリンクスパム対策を行っているようです。
過去、SEOに効果的と推奨されていた関連サイト同士の相互リンクについても、Googleは明確に相互リンクすることを否定しています。

そして、プレスリリースを利用したリンク構築の否定、今回のディレクトリサイトを通じたリンク構築の否定といったようにどんどん対策内容を増やしています。

今現在、グレーと言われている手法に関しては危険になりそうです。

ディレクトリサービスに関してYahooディレクトリなどに関しては今のところ、対象にはなっていないようですが、Yahooディレクトリに関してもお金をもらって掲載する(審査する)、ビジネスエクスプレスが存在するわけで、今後も有料リンクに対して厳しい見方をするのであればこれらもグレーということになってしまいます。

SNSでもご購読できます。