アフィリエイト

ブログ飯(ブログだけで生計を立てる)ということ

ブログ飯っていうのは、自分の個人ブログを通じて情報の発信等を行い、そこから得られる広告収入等で生計を立てていくっていうことみたいです。染谷 昌利さんが書籍のタイトルとしたことで、ブログで生計を立てることをこのように呼ぶことが増えたみたいです。

ちなみに当該本は読んでいないので内容はわかりません。

とりあえず、ブログで生計を立てることについての可能性について僕の意見を述べたいと思います。僕はいわゆる「アフィリエイト広告」で生計を立てています。

まず、ブログでもウェブサイトでも同じですが、基本的な収益源は「広告」です。GoogleAdSenseといったコンテンツマッチ広告やアフィリエイト広告などをブログ内(サイト内)に掲載して、その収入で食うということになるわけです。

自分がやっているわけなので否定するわけではありませんが、窮屈なサラリーマンを辞めてブログ一本で食っていくということのリスクについてまとめたいと思います。

続きを読む

ユーチューバーになれるか?youtube広告とは?

youtubeでは、投稿したオリジナル動画に広告が掲載されると収入が得られるようになります。Google広告(収益受け取りプログラム)に参加した場合で動画が再生(広告が表示)されるごとに収入が受け取れます。人気の動画を配信している人は月額数十万円を超える収入を得ており、ユーチューバーとして専業で生活している人もいるそうです。

続きを読む

クラウドソーシングで食べていけるか?

crowdお久しぶりです。私はアフィリエイトをメインでやっていて、その収入で食べているわけですが、最近は「クラウドソーシング」というサービスも人気のようです。インターネットを通じて仕事をアウトソースするというわけで、場合によっては高額な案件もあるみたいです。

今回はこのクラウドソーシングを使って仕事をしてそれだけで食べていけるのかどうか?ということを考えていきたいと思います。

続きを読む

Amazonアソシエイトが料率改定、PCソフト、本中心の人は大打撃

2013年6月からAmazonにおけるアソシエイト報酬の料率改定が行われるそうです。AmazonアソシエイトはAmazonが行っているアフィリエイトで、紹介者に対して販売額の一定割合を報酬として支払うプログラムです。
この料率が引き下げられます。前回は2012年の7月ごろでしたので約1年ぶりに再度報酬引き下げが決定された模様です。

続きを読む

Amazonアソシエイトの料率改定とその思惑

かなり久しぶりの更新です。すみません。また、以前のようにしっかりと記事をかけるようにしていきます。さて、今日朝メールボックスを開くとAmazonからアソシエイト(アフィリエイト)の報酬料率改定についてのメールが来ていましたので内容を整理していきたいと思います。

続きを読む

ホームページに広告を載せたらどのくらいの収入が得られるのか?

ホームページで広告収入とか、副業とかいった情報を良く見かけるけど実際どのくらい稼げるのか?ってある程度の基準というか経験についての部分を公開していきます。私が制作した、または関与した情報をまとめたもので、大小含めて200サイト程度のデータとなりますので、ある程度の偏りはご容赦下さい。

続きを読む

フリーランスWEB屋さんへの副業のすすめ

フリーランスとしてWEB制作やWEBデザインなどのお仕事をされている方とお付き合いすることも多いのですが、フリーランスの大きな問題は「仕事が無い状態=空白期間」の存在です。そこで私がオススメしたいのがフリーランスとしての仕事をしながら、副業として別のビジネスを持っておくことです。コレによって仮に空白期間が発生してもサブのビジネス・プロジェクトを進めることができます。

続きを読む

ネット広告収入のタイプとそれぞれの特徴

アフィリエイトを含む、ネットで広告収入を得るという場合、色々な広告収入のタイプがあります。自分のサイト作りに合ったやり方で広告を掲載しないと、大きな機会損失となっている可能性もあります。ここでは、ネット広告収入の種類とそれぞれの特徴、どんなサイト運営法が適しているのかを解説していきます。

続きを読む

大企業のプロモーションを活用する個人アフィリエイト戦略

昨日の記事でshouichiroさんがネット広告・プロモーションにおける「需要創造」と「見込み客誘導」という記事を書いていましたが、これについてのアフィリエイトサイト運用について僕の意見をちょっと述べますね。
僕ら個人アフィリエイターは企業のいわゆる「需要創造型の広告」によって作られた需要をインターネットを通じてどのようにして活用するのか?ということも一つの戦略だと思っています。

続きを読む