外部SEO対策

価値あるサテライトサイトの作り方

前回のエントリー「サテライトサイトの意味」で無意味なサテライトサイトと価値のあるサテライトサイトについての話を述べましたが、今回はその続きで、「どうやって価値のあるサテライトを作るのか?」ということです。
結論としては、無意味なサテライトサイトを何個も量産するよりは、一つのサテライトサイトにしっかりと集中して取り組む方が効果的ということなります。ここではその理由と、価値あるサテライトサイトを作り上げるためのポイントを説明していきます。

続きを読む

サテライトサイトの意味とは?

SEOやホームページのアクセスアップに興味や関心がある方なら「サテライトサイト」という言葉を聴いたことがあるかもしれません。サテライトというのは、「衛星」という意味で、サテライトサイトは、本サイト(最も力を入れているサイト。サービスを実際に提供しているサイト)の周りに「衛星」として存在している補助サイトのようなものです。
なぜ本サイトに「衛星」としてのサイトが必要になるのか?ここではサテライトサイトの意味とは何なのかということを見ていきましょう。

続きを読む

正しい方法でサイトを宣伝しよう-Googleが教えるSEO-

ホームページは作っただけで集客は見込めません。訪問者数(アクセス数)を高めるにはそれなりの宣伝(SEO対策や外部メディア対策)などが必要になってきます。特に、近年では、検索エンジンやソーシャルメディアからのアクセス対策が重要です。一方で、正しくない方法(検索エンジンスパム)などによってアクセス数を高めようとする方法は、将来検索エンジンからペナルティを受けるリスクもあります。
ここでは、ホームページを立ち上げた後の「正しい方法でのサイト宣伝」についてGoogle発行の「SEOスターターガイド」を元に考えていきます。

続きを読む

モバイルサイトをGoogleに知らせよう-Googleが教えるSEO-

PC用のサイトとは別にモバイル用のサイト(ページ)を作ったらその旨をGoogleなどの検索エンジンに知らせるようにしましょう。特に日本は携帯電話でインターネットを見る習慣があるので、携帯電話ユーザーへモバイルサイトをしっかりとPRできれば高い集客効果が期待できます。
ここでは、モバイルページのSEOを考える前の第一歩である、モバイルページとしてしっかり認識されるための方法を解説します。

続きを読む

リンクのnofollow属性を活用する-Googleが教えるSEO-

nofollow属性はソーシャルメディア(主にブログ)が発達した2003年にGoogleが提唱したリンク属性の一つです。使い方は簡単で、リンクするときのaタグ内に「rel=”nofollow”」を入れるだけでOKです。ブログや掲示板、ソーシャルネットワークなどを使ったリンクスパムに対応するための属性で、ウェブマスターは適切にこのnofollow属性を利用しないと、スパマーにサイトの価値を吸い出されるかもしれません。

続きを読む

質の高いコンテンツを提供しよう-Googleが教えるSEO-

Contents is King(コンテンツは王様)という言葉があります。SEO対策をする上で、なによりも重要なこと、それはコンテンツ(サイトで提供されている情報)の質を向上させるということです。
小手先のSEOテクニックなどを活用するよりも、高品質のコンテンツを提供することが結果的にSEOにも強いサイトになります。

続きを読む