Webサイトを分析するためのアクセス解析活用術

ホームページを運用する上でのPDCAサイクル上重要になるのが、アクセスデータの分析です。ユーザーがどのようなキーワードで訪問しており、どのようにサイト上で行動しているのかをデータとして知ることが、今後の対策を考える上でも重要です。
今回から複数回にわたって、無料の高機能アクセス解析である「Google Analytics」を活用したアクセス解析の基本から応用までを分かりやすく解説していきます。

アクセス解析はWEB運用の基本

アクセス解析というのは、WEB上での訪問ユーザーの行動などを把握するためのツールです。アクセス件数だけでなく、各ページごとのアクセス状況、ユーザーがどのサイトから訪問してくれたのか?検索エンジンのどんなキーワードで訪問したのか?、何ページくらいページを見てくれたのか?など様々なことが分かります。

実際に、WEBサイトを運用していく上で改善を行いたい場合には、アクセス解析の情報を元に決断をすることが多いものです。

アクセス解析(Google Analytics)の導入

第1にアクセス解析をホームページに導入する方法です。Google Analyticsの導入は驚くほど簡単にできます。ここでは、導入方法やGoogle Analyticsで使われている基本的な用語などを解説していきます。

アクセス解析の基本的な使い方

アクセス解析の一般的な見方を解説しています。アクセス数や訪問キーワード、リンク元、直帰率、ページビュー数といったアクセス解析における基本的な統計情報の見方を理解していきましょう。

アクセス解析でコンバージョンの確認

コンバージョン(転換)とは、サイト内においてユーザーに起こしてほしい行動のことです。この行動を起こしてもらうことをコンバージョンと呼びます。たとえば資料請求・お見積もりフォームへの入力、ECサイトの場合は商品購入、広告サイトの場合は広告リンクのクリックなどが代表的でしょう。ここでは、アクセス解析を用いたコンバージョンの確認・管理テクニックを解説します。

アクセス解析で各種対策の効果を測定・分析する

アクセス解析を用いることで、施したSEO対策の効果や、ホームページ内のコンテンツ改善、広告プロモーションの実施などによるコンバージョン率の変化などを的確に分析することが可能です。ここでは、過去との比較やA/Bテストの実施などより実践的なアクセス解析の活用テクニックを解説します。

SNSでもご購読できます。