ネットショップ開業の3つの方法と特徴

自社の商品やサービスなどをインターネットを活用して販売したいという場合に考えるのが「ネットショップ」の存在ではないでしょうか?ここでは、ネットで商品・サービスを売るときのネットショップ開業について3つの方法「独自ショップ」「オンラインショッピングモール」「ドロップシッピング(販売委託)」についてそれぞれの特徴などを比較していきます。

独自ショップ・自社通販サイトの構築

第1の選択は独自ショップ、つまり自社のホームページ上で直接商品を販売するという方法です。ネットショップの機能だけを貸してくれるようなサービスもあるので、そうしたサービスを活用します。最大のメリットは自由度の高さです。また、オンラインショッピングモールなどの場合と違って販売コミッションなども必要ないので、利益率が低い商品などにも向いています。
ホームページ(独自ネットショップ)の維持管理にかかる費用は月々でわずか数千円~1万円程度と、オンラインショッピングモールの数万円~と比較するとリーズナブルです。

最大の課題は集客

独自ショップでのネットショップ運営の課題は「集客」です。リアルでもそうですが、ネットショップでも「いかに多くのお客様に来店してもらうのか?」が重要です。100人が来店しているネットショップではどんなにがんばってコンバージョン率(成約率)をアップさせても10人以上に買ってもらうのは難しいでしょう。
来店数をいかにして1000人、2000人と増やしていけるのかが課題ですが、そのためにはSEO対策やネット広告の活用などがどうしても必要になってきます。
そのために、専門のネットショップ構築業者などを入れるとネットショップの構築費用や維持費用が高くついてしまうことも……。

参考
ネットショップのカラーミーショップPro
Make Shopでネットショップ

楽天市場・Yahooショッピングなどモール出店

第2の選択は楽天市場やYahooショッピングといったオンラインショッピングモールに出店するという方法です。こうしたオンラインショッピングモール最大のメリットは、すでにショッピングモール内に一定の「買い物をしたいと考えているユーザー」が存在することです。
ネットショップを開業する上で難しい【集客】という面をモール自身がサポートしてくれるのがメリットです。

販売コミッション、モール内での広告など費用は高め

ショッピングモールの課題は販売コミッション、アフィリエイト手数料などの手数料コストの高さです。たとえば楽天市場の場合月間の基本料が安いプランでは、販売時の楽天コミッションが5%、アフィリエイト手数料が1%といったように販売手数料がかかります。
クレジット決済手数料なども含めると販売価格の10%前後は手数料として持っていかれることになります。こうなると薄利多売型の商品の場合、ショッピングモールではかなり厳しくなります。

最大の敵はモール内でのライバル企業

オンラインショッピングモールでの商品販売では、多くのライバルがいます。そうしたライバルと比較されやすいのもショッピングモールの特徴ですので、一般的な商品の場合は価格による優位性が強くなります。
そのため、ショッピングモール内での価格競争が起こりやすく、ただでさえ高い販売手数料の中で他社との間での価格競争にも巻き込まれるリスクがあります。

参考
楽天市場出店費用
Yahooショッピング出店費用

ドロップシッピング・販売委託

最後の選択は、自社で直接売るのではなく第三者(販売を専門にやってくれるようなところ)に商品の販売を任せてしまうという方法です。
商品・サービス、価格などには自信があるけど、自社の販売能力が不足しているという場合には思い切って販売自体を専門に扱っているようなところに任せてしまうというのも一つの手段です。
ドロップシッピングというのは、ネットショップの運営形態で、販売店自体は在庫を持たずにメーカーや卸売り業者などから直送させる形態です。

自社は流通部分、つまり配送・在庫管理のオペレーション部分をやって、ネットでの販売については専門の会社に任せてしまうという方法です。もちろん、その売ってくれる相手を探すのも大変ではありますが、そのようなサービスを提供してくれている会社もあります。

信頼できる販売パートナーを見つけることが重要

ドロップシッピングや販売委託といった方法で商品を販売する場合には、その販売パートナーをどうやって見つけるのかが大切です。
自分が商品をおろしたいと思うようなネットショップに商品・サービスの企画書などを作成して送ってみるのも一つの手かもしれません。

ネットショップで注文が入った時点で、それをメーカーや卸売り業者(以下、ベンダー)から直送させるネットショップの運営方法

 

SNSでもご購読できます。