ランプ通販のデザイン変更と各種アクセス解析数値の変化

当社で運用しているランプの通信販売サイト「ランプカタログ」のデザインをリニューアルしましたが。以前はテンプレートデザインにちょっと手を加えたものを使っていたのですが、あんまりだろという声もあって修正に踏み切りました。

まだ、細部を含めてかなり課題(修正点)は残っているのですが、とりあえず全体的なデザイン・レイアウトを変更して1ヶ月くらいたったので、変更による各種指標をみていきます。

1.アクセス数
-18%と落ちました。集客につながっていたキーワードでの検索順位が落ちたのが響きました。リニューアルに伴い、重複していた商品ページを修正したもの影響したものと思います。ネットショップのASP(MakeShop)の仕様で商品ページURLのリダイレクト等ができないのが悔やまれる。。

2.コンバージョン率
36.10%の改善。これは素直にうれしいところです。まあ、売上件数が少ないので統計的に意味があるのかどうかは確実ではないものの、リニューアル中は自分自身によるアクセスも多かったはずなのでそれを考慮しても上昇しているのは良いです。

3.直帰率・平均PV
直帰率は12%の改善。平均PVも2.34→3.31に改善。前々の課題が直帰率の高さや平均ページビューの低さが課題だったので、リニューアルの際には他のページへの移動について工夫したつもりでしたが、うまくいったようでなによりです。

というところです。課題は一番大切なアクセス数のところですね。商品ページなどを随分と削ったことも影響していると思いますが、お客様にとっての利便性はかなり向上できたはずです。

ランプ選びに関するQ&Aの充実や商品ページ別により目的の商品を探しやすくするナビゲーションの改善などが検索対策としても活きてくるんじゃないかなぁと期待しています。

ちなみに同サイト、電球や蛍光灯など、一般の家電量販店などで買うより相当お求めやすい価格で販売しております。ビジネスのお客様が大半ですが、個人の方でもご購入いただけます。
ぜひともよろしくお願いいたします。

SNSでもご購読できます。