ネットショップの商品配送でも活用したい「定型外郵便」

ネットショップを運営されている方で商品の配送方法やその配送料について悩んでいる方も多いかもしれません。宅配需要の大幅な伸びにより、多くの宅配業者が配送料の割引に対して否定的となり、特に新規でネットショップを開業された方にとっては配送手段は悩みの種だと思います。そうした時に活用したい配送手段として「定型外郵便」という手段があります。実は軽くてかさばる商品の場合はかなり有効な配送手段となります。

定型外郵便とは?

定型外郵便とは「定型外」とされる通りいわゆる封書やハガキのサイズとは異なる郵便物を指します。最大の大きさは下記の通りです。

teikeigai

重量4kgまでで3辺の合計90cm(一辺最大60cm)までの郵便物を送ることができます。
サイズ感から分かりますが、結構大きめのサイズまで使うことができる「郵便物」です。

 

重量制なので軽くてかさばる物に有効

定型外郵便は普通郵便と同様に「重量」によって料金が決まります。

内容 重量 料金
定形外郵便物 50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円
250g以内 250円
500g以内 400円
1kg以内 600円
2kg以内 870円
4kg以内 1,180円

(2015年4月27日現在)

ここからわかる通り、250g以内の商品なら大抵の宅配便などよりも安い料金で送ることができます。サイズ関係なしに重量が価格の決定要因ですので「かさばるけど軽い」商品なんかにとってはかなり有効なサービスと言えるでしょう。

 

郵便物なので早い

また、特徴として郵便物なので早く届くというのもメリットです。
大抵翌日から翌々日くらいには全国届きます。

 

デメリットは「ポスト投函」で「追跡不可」

定型外郵便のデメリットとしては、配送がポスト投函となることと追跡ができないということです。
この辺りについては「宅配便」との大きな違いと言えるでしょう。万が一届いていないというような場合には、郵便局に連絡をして「調査」してもらうことができます。

私の場合も過去に何度か、定型外郵便の不着トラブルがありましたが、結局最終的に商品が見つからなかったというケースは今のところありません。

ただし、見つからなかったというような場合や商品が破損していたというような場合であっても補償はされないのが定型外郵便です。

このようなデメリットも含めて考える必要はありますが、商品配送手段の一つとしては検討しうる便利な配達方法だと思います。

特にポスト投函配送が可能な他サービスについては「商品の厚み」に対する制限が厳しいです。それを踏まえると同じポスト投函で厚み関係なしに配送できる定型外郵便は使い回しの効く配送方法と言えるでしょう。

 

SNSでもご購読できます。