ネット通販でクレジットカード決済なのに領収証を求められた時の対応

ネット通販でクレジットカード払いをしたお客様が領収証が欲しいと言ってくるケースがあります。これってほいほい発行するのはあまり好ましいことではありませんし、高額決済(5万円以上)の場合には印紙の負担も必要になってきます。

ネット通販で領収証を求められた時の対応を紹介していきます。

原則としてカードの明細が領収証の代わりになる

税務上の都合で領収証が必要と言う場合、クレジットカードの明細が領収証の代用となります。法人であっても法人クレジットカードなどを利用している場合はそもそも領収証は不要です。

ですから、ECの決済画面などにそうしたことを記載した上で、原則としてクレジットカード決済の場合には領収証は発行いたしません、と書いて問題はありません。

 

クレジットカード払いで領収証の発行をすると二重発行になる

また、クレジットカード払いに対して領収証を発行することにも問題があります。

クレジットカード決済の場合、お店の側から見ると実際のお金のやりとりは「お店とカード会社」になります。「お店とお客様」ではありません。また、クレジット購入の場合、決済をしたタイミングではお店にはお金は入ってきているわけではないので、決済時に発行するとタイミングもおかしなことになります。

なので、原則としてはクレジットカード払いで領収証を発行するのはどちらかと言えば問題になります。

 

会社の備品を個人のクレジットカードで決済するようなケース

このような場合は、会社との事務的な経理処理上でクレジットカードの利用明細ではだめで領収証が必要な場合もあるでしょう。

こうした場合もあるので、多くのネット通販でもクレジットカードの利用の場合でも、依頼をされると領収証を発行することが多いのではないかと思います。

 

「※クレジットカードによる決済」と入れておく

この場合では上記のように領収証に「※クレジットカードによる決済」といったように記述しておくことが重要です。

ちなみに、こうやって記述しておけば5万円を超える場合であっても印紙を貼る必要はありませんので必ず記述するようにしましょう。

SNSでもご購読できます。