メルカリでクレカ現金化目的の金券売買、現金売買、電子マネー売買が横行

フリマサイトの代表格であるメルカリにおいてクレジットカード現金化が行われているということがわかっています。

直近では「現金が額面以上で売買されている」といいうことがネットで広まって問題が大きくなりました。メルカリの対応も早く、現行通貨(貨幣)の売買禁止としたわけですが、そうしたら次はチャージ済みのSuicaが売買されるようになりました。

SuicaならJRの駅で数百円の手数料を払えば現金にできちゃいますもんね……。よく考えるなぁとホントにびっくりします。

メルカリでクレジットカード現金化とは?

クレジットカードのショッピング枠で換金性の高い商品を購入して、それを金券ショップ等で売却して現金化するというのが「クレジットカードのショッピング枠現金化」です。  ヤフオクやメルカリはクレジットカードで購入ができるので、ショッピング枠の現金化に適しているといえます。
引用元:ヤフオクやメルカリで商品券・ギフト券・金券・現金が額面以上で売られている理由

10万円の現金が11万5000円で売られているのはシュールですが、自転車操業に追い込まれている人からするとうれしいサービス(?)になるんでしょうか。

そもそもクレジットカードの現金化という商売(?)はかなり昔からあるものです。経済性は皆無なため、本当に明日のお金に困っているという人以外にはまったく必要がないものになっているわけですが、それでも利用してしまう人は一定数いるわけです。

参考: クレジットカード現金化とその問題点

 

メルカリでの売買は個人情報という観点からも危険

現金の売買で現金を郵送(書留)で送ってもらうという場合、当然ですが相手に住所を知らせることになります。

おそらくメルカリで現金を買うという人は相当お金に困っている方でしょう。そうした方のリストができるということは、それを悪用しようとする人もいるかもしれません。

 

個人的にはうまいことやるなぁと感心するのが半分と、恐怖が半分ってところです。

SNSでもご購読できます。