Amazonプライムがステルス的な年会費値上げ3900円→4900円

愛用している、Amazonプライムの年会費がいつの間にかステルス値上げされていたという事で驚きました。

年会費は3900円→4900円と1,000円(約20%)の値上げとなっています。宅配業者の値上げも続いているわけで、いくら大口のAmazonでも維持できないってのは理解できます。

また、Amazonプライム自体はお急ぎ便だけじゃなくて、プライムビデオなどの特典もあるので、高いイメージは無いですけど、事前告知無しはいかがなものかと思います。

Amazonプライムの値上げについて

IMPRESS WATCHより
2019年5月17日以降の請求から、改定後の会費が適用される。また、4月12日以降に会費プランを変更した場合も、改定後の会費となる。学生向けの会員制プログラム「Prime Student」も価格改定。年会費は1,900円(税込)から2,450円(同)、月会費も200円(税込)から250円(同)となる。

ちなみに、2018年の7月には値上げをしない宣言をしていました。

日本経済新聞記事 2018/07/04
現時点で(年3900円の)価格を変更する計画はない。プライムの会員に最善の体験を享受してもらうことに注力している。消費者がプライムのメリットに気付いていない部分がまだある。日本ではまだすべきことがたくさんある

インタビューから1年経たずに値上げ実施となっています。どうなってんの?って気もしますが、逆を言うとAmazonプライムのサービスで囲い込みが完了したので、こっから値上げしてくぞ!って方向転換を意味してるんでしょうか?

プライム年会費の値上げは今回が初めて。アメリカでは結構値上げをしていて、119ドル(約13,000円)となっています。

イギリスは約110ドル(約12,000円)、ドイツやオーストラリアは約85ドル(約9,000円)となっているので、日本の3900円(値上げ後4,900円)はこれらの比較してもまだまだ安い状況です。

 

今後もAmazonプライム年会費は値上げされるのか?

個人的にはお急ぎ便に対して感じメリットは大きくなくて、プライムビデオとかに魅力を大きめに感じています。

これ以上値上げされたら、専門サービス(netflixとか)に移っちゃうかもしれません。Amazonをけん制(笑)。

定額動画配信サービスを比較。ドラマや映画、アニメの見放題サービスを活用
月額動画配信サービスは毎月一定の定額を支払うことで映画やドラマ、アニメなどの動画を見放題とすることができるサービスです。Hulu、Netflix、U-Next、dTV、Amazonプライムビデオといったように様々な動画配信サービスが用意されています。 それぞれで料金や画質、...

 

ただ、他国の状況を見ると全体をみたら今後は値上げしていく方針に転換した可能性が高そうです……。

SNSでもご購読できます。