Google検索結果に「+1」機能を実装。検索結果をユーザーが評価。

Googleは検索結果ページに「Google+1(プラスワン)」を一部に実装したということです。Google検索におけるFacebookの「いいね!」ボタンと類似したサービスとなっています。
+1(プラスワン)されたウェブページは友人・知人に対して価値のある情報として、これらの人のGoogle検索結果のランキングに対しても影響を与える模様です。Googleのソーシャル化が一歩進んだ形でしょうか。

+1(プラスワン)対象は友人・知人まで

このプラスワンによって検索エンジン上のランキングで変化があるのは、GoogleのgmailやGoogle Talkのコンタクトリストユーザーや、Google Buzzでフォローしているユーザーということなので、すぐに全体のランキングに変動を与えるというものではない様子。

また、現状ではGoogleの検索結果上で「プラスワン」をする形になるので、ユーザーからしてみると、ウェブページを閲覧後、「わざわざ」検索結果ページまで戻って「プラスワン」する必要があります(そこまでするのかなぁ)。
もっとも、近いうちにFacebookの「いいね!」ボタンのように、Google+1ボタンが全ウェブページに実装される可能性も高いですね。

個人的にはTwitterとは違って、gmailのリストとかは友人とか仲間レベルじゃなくて、仕事上連絡が必要な人とかの方が多いから、そういう人たちとわざわざ検索結果をシェアする必要があるのかについてはかなり疑問。

SNSでもご購読できます。