Yahooが不動産ポータルにも低価格で進出。受けてたつSUUMOは?

yahoo-fudosanYahooが2014年から不動産ECに対しても力を入れて動くようです。掲載料金は1店舗当たり月1万円の定額。中古物件の物件情報を無制限に掲載でき、ロイヤリティ等の費用はゼロということ。SUUMOなどの代表的な不動産ポータルと比較すると相当安い水準となっています。

前回の「ショッピングモール」に続き、価格破壊第2弾といったところでしょうか?
当面は中古のみの扱いということで、中小の不動産会社からの情報出稿を狙っていると言うことでしょうか。

もともと不動産ポータルでは○物件の登録ごとに×万円とかいった料金体系や、定額+問い合わせ1件につき×円といった形が多かったので、月額1万円程度の低価格で何件でも物件情報を乗せることができると言うのは結構魅力的ではないかと思います。

こうやって見てみると、Yahooが持つポータルとしての幅って相当広いですよね。かなりの広範囲の領域で情報コンテンツを含めて資産を持っているわけで、力(営業)の入れ加減でどんなビジネスに対しても進出しやすい素地と言うものを持っているわけです。

中小企業ではこうしたスタイルは決して真似できるものではないでしょうけど、あらかじめ何らかの形で集客力のあるWEBコンテンツを持つことが出来れば、ビジネスを推進していく上でもかなり強みを持って行動することが出来るでしょう。

SNSでもご購読できます。