ナビゲーションはわかりやすく表示する-Googleが教えるSEO-

ナビゲーションというのは、ホームページ上で、ユーザーがそのサイト内のコンテンツに対して適切に、分かりやすくアクセスできる仕組み全般のことを指します。ホームページにアクセスしたユーザーが現在の位置や、自分がほしいと思う情報にすぐアクセスできる環境を整えることは、単にSEO上の戦略だけでなく、ユーザビリティーという観点からもとても大切です。

Googleは以下のように述べています。

サイトのナビゲーションは、ユーザーが迅速に目的のコンテンツにたどり着けるようにするために重要です。また、検索エンジンにとっても、ウェブマスターがどのコンテンツを重要と考えているの
かを理解するのに役立ちます。Googleの検索結果はページ単位で提供されますが、サイト全体という大きな視点から、そのページがどのような役割を果たしているのかについても、Googleは理解したいと考えています。

要するに、Googleはサイトのコンテンツ一つ一つをサイト全体の構造の中からもどれだけ重要なのか?どういう位置づけなのかを理解しようとしていますという意味です。
しかし、そのためには、サイトのコンテンツ一つ一つがどのような役割のページなのかを構造化してやる必要があります。

パンくずリストを活用

ナビゲーションという意味で最も多く用いられているのが「パンくず」と呼ばれるタイプのリストです。
現在のページをたとえば「トップページ>当社の製品について>製品○○のページ」というように表現することで、現在ユーザー自身がいる場所を視覚的にわかりやすく表現するツールです。
ユーザーは一段階上の情報を見たい場合は、「当社の製品について」のリンクをクリックすればよいので分かりやすいです。

URL構造を使ってコンテンツのレベルを表現する

「URL構造」でも述べましたが、構造をURLで示すことも大切です。
たとえばサイトの構造を以下のようにすればユーザーにとって分かりやすく、Google(検索エンジン)に対しても構造を伝えやすいです。

トップページ
|- /goods/(商品ページ)
|-flower.html(花の商品ページ)
|-bag.html(バッグの商品ページ)

|- /payment/(支払い方法のページ)
|-creditcard.html(クレジットカードでの支払い方法)
|-bank.html(銀行振込みでの支払い方法)

こうなっていると、goodsフォルダ以下では、商品ページが用意されており、paymentフォルダ以下では決済方法についてのコンテンツがあるとURLを見ても分かりやすいです。

検索エンジン向けのサイトマップを提出しよう

Googleでは、ウェブマスターツールでサイトマップの提出を受け付けています。通常はXML形式でかかれる文書なのでちょっと分かりづらいですが、「Google Sitemap ツール」などと検索すれば、自分のホームページをXMLサイトマップにしてくれるツールを提供しているサービスも多いのでぜひ活用してみましょう。

グローバルナビゲーションを用意する

グローバルナビゲーションとは、サイト内のメインコンテンツに対するナビゲーションです。通常はサイトの全ページ共通のフォーマットで用意しておきます。
グローバルナビゲーションはユーザーにとって重要なページへのアクセスをしやすくなるため、また見てもらいたいページを強調するために使います。

本文書はGoogle発行の「検索エンジン最適化スタートアップガイド(PDF)」を元にSEO対策を解説しています。まとめ記事は「Googleが教えてくれる検索エンジン最適化(SEO)14のポイント」。

SNSでもご購読できます。