適切なアンカーテキストを書こう-Googleが教えるSEO-

アンカーテキストというのは、<a href=”…”>●●</a>の●●部分を刺します。通常HTMLにおいてaタグは、リンク先を示すもので、アンカーテキストというのは、サイト内部へのページに対するリンクや外部サイトに対するリンクをするときの文字ということになります。

Googleは以下のように述べています。

アンカーテキストは、ユーザーとGoogleの双方にリンク先のページに関する情報を伝えています。
リンクは、内部リンク(同じサイト内の別ページへのリンク)かもしれませんし、外部リンク(別サイトのコンテンツへのリンク)の場合もあるでしょう。どちらの場合も、アンカーテキストがより適切であれば、ユーザーとGoogleの双方がリンク先のページがどのような内容なのか理解しやすくなります。

要するに、アンカーテキストとなっている部分は通常リンク先がどんなページなのかを解説していると判断しているわけです。そのため、Googleなどの検索エンジンはアンカーテキストでかかれた内容をリンク先のキーワードとして認識しているのです。

じゃあ、具体的にどんな形でアンカーテキストを付けるのが良いのでしょうか?

アンカーテキストにはキーワードを、端的かつ内容がわかるように

アンカーテキストを書く場合はリンク先のキーワードを入れるようにします。また、リンク先の内容が端的にわかるように工夫しましょう。
また、文章中にリンクをする場合、「こちら」などをリンクするようにするのはやめましょう。
○:新製品については「新製品○○解説ページ(リンク)」をご覧下さい。
×:新製品○○についての説明は「こちら(リンク)」

一方で、無意味なアンカーテキスト多様はスパムとされます

例えば、アンカーテキストで「キーワードだけ」でリンクしたり、CSS(スタイルシート)などを使ってユーザーにリンクであることがわからないようにして、アンカーテキストを作るのは検索エンジンスパム(リンクスパム)に該当する可能性があります。

本文書はGoogle発行の「検索エンジン最適化スタートアップガイド(PDF)」を元にSEO対策を解説しています。まとめ記事は「Googleが教えてくれる検索エンジン最適化(SEO)14のポイント」。

SNSでもご購読できます。