画像利用を最適化しよう-Googleが教えるSEO-

ウェブサイトをより魅力的に見せるためには、多くの場合で画像が用いられます。画像は<img src=”パス” />で表現されますが、画像というものはあくまでも「絵」であるため、検索エンジンのクローラー(ロボット)はその内容を認識することができません。
そのため、画像を使用する場合には、画像の内容などを検索エンジンに適切伝える必要があります。

Googleは以下のように述べています。

画像はサイトを構成する単純な要素と考えているかもしれませんが、最大限に活用しましょう。すべての画像には個別のファイル名とalt属性を持たせることができるので、この点を有効に利用すると良いでしょう。
alt属性は何らかの理由によって画像が表示されないときに、代わりのテキストを示してくれるものです。このような属性を使うのは、ユーザーが画像を表示しないウェブブラウザを利用していたり、もしくはスクリーンリーダーのような別の手段でサイトを閲覧していたりする場合に、alt属性の代替テキスト(altテキスト)があれば画像に関する情報を提供できるからです。
alt属性を使うもう1つの理由は、画像からリンクを張る場合に、画像のaltテキストがリンクに対するアンカーテキストのように扱われるからです。

まず、altという言葉がでてきました。これはalternativeの略で、「代替する」という意味があります。つまり、画像を使用した場合画像タグ内に「alt=”画像を説明する文章”」を入力する事で、その画像にどんな意味があるのかをGoogleなどの検索エンジンに伝えることができます。
また、検索エンジン以外にも、ホームページの読み上げソフト(主に、盲の方が使うソフト)ではaltタグを入れていないと、画像が無視されてしまうので、画像自体に重要な意味がある場合はユーザビリティの観点からもサイトの価値が損なわれてしまいます。
altタグの付け方については、<img src=”画像のパス” alt=”画像の説明文” />という形になります。ちなみに、alt文の長さに決まりはありません。画像の説明であれば多少長くてもOKです。

また、アンカーテキストとしての価値とありますが、例えばグローバルメニューに画像を使っていた場合、画像のままでは検索エンジンなどに、メニューの内容が分かりませんが、altタグで内容を説明する事で、リンク先のアンカーテキストと同じような働きをします。
アンカーテキストの付け方については「適切なアンカーテキストを書こう」をご参照下さい。

ただし、無意味な画像にaltタグを挿入するのは検索エンジンスパムですのでやめましょう。例えばスパムとされるaltタグの使い方としては以下のようなものが挙げられます。

  • 小さな画像など意味のない画像にaltタグを使ってキーワードを埋める。(無意味な画像には空白のaltタグを使いましょう。 alt=””)
  • 画像に無関係のキーワードを詰め込む。例えば桜の画像を載せておいて、その画像のaltタグに「転職・就職」といったような無関係なキーワードを入れることがなど。

本文書はGoogle発行の「検索エンジン最適化スタートアップガイド(PDF)」を元にSEO対策を解説しています。まとめ記事は「Googleが教えてくれる検索エンジン最適化(SEO)14のポイント」。

SNSでもご購読できます。