モバイルサイトをGoogleに知らせよう-Googleが教えるSEO-

PC用のサイトとは別にモバイル用のサイト(ページ)を作ったらその旨をGoogleなどの検索エンジンに知らせるようにしましょう。特に日本は携帯電話でインターネットを見る習慣があるので、携帯電話ユーザーへモバイルサイトをしっかりとPRできれば高い集客効果が期待できます。
ここでは、モバイルページのSEOを考える前の第一歩である、モバイルページとしてしっかり認識されるための方法を解説します。

Googleは以下のように述べています。

携帯電話からの閲覧を想定して設計されているものの、それ以外のソフトウェアがアクセスすることは念頭に置かれていなかったため、Googleのインデックスに正しく登録されていないモバイルサイトがあります。Googleの検索を通じてユーザーがサイトと出会うには、まず、サイトがGoogleに適切にインデックスされている必要があります。

要するにモバイルサイトを作っていても、Googleがしっかりと認識できていないモバイルサイトが一杯あるよ。ということでしょう。
Googleなどの検索エンジンでモバイルページとしてインデックス(登録)されていないとGoogleのモバイル検索などでも引っかかりにくくなるので不利です。しっかりとモバイルサイト対策を施しましょう。じゃあ、モバイルサイトを作っていてもモバイルページが登録されていない場合、どうしたらよいのでしょうか?

対策(1):Googlebotのアクセスが禁止されているケース

モバイルサイトにモバイル(携帯電話)以外からのアクセスを禁 止している場合などに見られるパターンがこれです。Googlebotは「Googlebot-Mobile」というユーザーエージェントでアクセスして きますので、このユーザーエージェントのアクセス制限を解除しましょう。
意外と多いのがこのミスで、この状態ではGoogleがモバイルサイトをクロールできないので、結果的に検索結果にも表示されません。

対策(2):Googlebotがモバイルサイトを発見できていないケース

モバイル用のGoogleのクローラー(ロボット)がモバイルページを見つけることができていないケースです。モバイルサイトができてから間もない場合、他のモバイルサイトからリンクが貼られていない場合など、モバイル用のGooglebotがページをクロールできません。
他のモバイルページからリンクを貼るのも良いですが、モバイルサイトマップを作成してみるのも良い解決手段です。
モバイルサイトマップの作り方については「モバイルサイトマップの作成(Google)」が参考になります。また、実際の作成についてはいくつかジェネレーターがネットで利用できるようなので「モバイルサイトマップ 作成」などのキーワードで検索するといくつかサービスが見つかります。

対策(3):モバイル用の様式になっていないケース

最後は、モバイル用に作ったサイトでも、モバイルとしての様式を満たしていないのでモバイルページとして登録されないというものが挙げられます。
代表的なものに以下のようなものがあります。(あてはまるほどモバイルページとして認識されやすくなります)
・DTD(DocType Definition)がXHTML MobileやCompact HTMLなどを宣言している。
・カタカナ、英数字などが半角で表示されている
・アンカータグにaccesskey属性を使用する
・絵文字を使う
・<hr />タグを多用する
などが挙げられるでしょうか。二つ目以後は「モバイルサイトっぽい」という意味です。DTDがモバイルを宣言していても、ページがPCサイトっぽいと携帯ページとしてクロールされないことがあるようですので念のため。

本文書はGoogle発行の「検索エンジン最適化スタートアップガイド(PDF)」を元にSEO対策を解説しています。まとめ記事は「Googleが教えてくれる検索エンジン最適化(SEO)14のポイント」。

SNSでもご購読できます。