モバイルユーザーとPCユーザーを適切に誘導しよう-Googleが教えるSEO-

特にモバイルでサイトを閲覧する場合、PC用ページを開いてしまうと負荷が過大になるほか、パケホーダイなどのサービスを使用していない場合には、 多額のパケット代がかかってしまいます。こうした問題をなくすため、PCユーザーにはPCサイトへ、モバイルユーザーにはモバイルページへと誘導する必要 があります。

Googleは以下のように述べています。

モ バイル版とデスクトップ版の両方のサイトを運営されているウェブマスターの方から多く寄せられるご意見の中に、デスクトップからの検索に対してモバイル版 のページが出現してしまう、あるいは逆に、モバイル検索でデスクトップ版のページが出てきてしまうという問題があります。このような場合は、リダイレクト などを利用することで携帯ユーザーをモバイルサイトに誘導するのが有効です。

リダイレクトとは何か?

リダイレクト(Redirect)とは、ページにアクセスしてきたユーザーを別のページに飛ばす方法のことです。正式にはHTTPリダイレクトと呼ばれます。
このケースでは、PCページにモバイルユーザーがアクセスしてきたとき、適切なモバイルページにモバイルユーザーを転送することを指します。

PCサイトにモバイルユーザーがアクセスしたとき

PCサイトにモバイルユーザーがアクセスしてきたときには自動的にモバイルページへリダイレクトするようにしましょう。PCページ内のメタタグを使う方法もあります。
<link rel=”alternate” media=”handheld” href=”モバイルページのURL” />

しかし、上記の方法は、全ての検索エンジンが対応しているわけではないので、注意が必要です。2011年現在、docomoの検索ではこれが効かないので注意が必要です。
ただし、Googleへの対策としてはこれで十分です。

あとは、対応していないDoCoMoユーザーへの対応ですが、「.htaccess」を使う方法が一般的です。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^(モバイルのユーザーエージェント。)
RewriteRule ^$ /モバイルページのディレクトリ/ [R]

と記述してアップします。

モバイルページにPCユーザーからアクセスがあった場合

Googleの公式見解としては、モバイルページの最下部にPCページ用のリンクを貼っておきましょう。ということです。特にリダイレクトをさせる必要は無いと述べています。
理由としては、PCでモバイルサイトを閲覧しても特に問題はないため、ページの最下部にPCサイトへのリンクを貼っておけば、苦労せずにPCユーザーはPCページへいけるためとしています。

注意!クローキングと疑われないために

あるページにアクセスしてきたユーザーを別のページに誘導する場合Googleなどの検索エンジンから「クローキング」と疑われないように細心の注意が必要になります。
クローキングというのは、検索エンジン用にユーザーとは別のページを閲覧させて、それによる検索結果向上などを目的としたものです。検索エンジンスパムとして使われることがあります。
Googleはこの「クローキング」をかなり嫌がっており、クローキングが見つかった場合、インデックス削除といった極めて思い検索エンジンペナルティが課せられることがあります。

ク ローキングと疑われないための対策としては、Googleはウェブ検索用のGooglebotとモバイル検索用のGooglebot-Mobileという クローラーを使っています。そのため、GooblebotにはPC用ページを、Googlebot-Mobileにはモバイル用のページを見せるようにす るように徹底しましょう。

本文書はGoogle発行の「検索エンジン最適化スタートアップガイド(PDF)」を元にSEO対策を解説しています。まとめ記事は「Googleが教えてくれる検索エンジン最適化(SEO)14のポイント」。

SNSでもご購読できます。