価値あるサテライトサイトの作り方

前回のエントリー「サテライトサイトの意味」で無意味なサテライトサイトと価値のあるサテライトサイトについての話を述べましたが、今回はその続きで、「どうやって価値のあるサテライトを作るのか?」ということです。
結論としては、無意味なサテライトサイトを何個も量産するよりは、一つのサテライトサイトにしっかりと集中して取り組む方が効果的ということなります。ここではその理由と、価値あるサテライトサイトを作り上げるためのポイントを説明していきます。

無意味なサテライト量産より一個の価値あるサテライトサイトを

Googleなどの検索エンジンはクロールするコンテンツについての「質」を重視し始めています。無価値あるいは有用性がほとんどないようなコンテンツの評価を落としています。
逆にオーソリティと呼ばれる価値の高いサイトを評価するようになってきています。一昔前のアクセスアップツールなどにワードサラダ(RSSを使った自動コンテンツ製造ツール)によるサテライトサイト量産ツール、コピペだけでサテライトブログを量産できるツールなどもありましたが、近年ではほとんど効果がありません。むしろ、検索エンジンスパム(リンクスパム)を受けるリスクのほうが高いです。

価値のあるサテライトサイトを作るポイント

価値のあるサテライトサイトのポイントは「オリジナル情報である」ということです。

オリジナルの情報であるというのは、自動生成や他のサイトからのコピーで作られたようなサイトではないということです。Googleなどの検索エンジンは、情報のパターンなどからコピーサイトかどうかの判断ができるようになってきています。
サテライトだから、といってどうでもいいゴミのような情報を出すのではなく、しっかりとコンセプトを作って価値のある情報を提供しましょう。具体例としては以下のようなサイトが挙げられるでしょう。
・商品や製品の使い方やメンテナンス情報などを提供
・顧客のためのファンページ(キャンペーンなど実施)
・従業員や社員のブログ

また、サテライトサイトを作るとき、その目的の一部が「被リンク(SEO効果)」を目的としたものである以上は、以下のような点にも気を遣う必要があります。

  1. 本サイトと関連性のある内容にする
    サテライトサイトからのリンクの価値を高めるには当然、リンク元(サテライト)とリンク先(本サイト)の内容に関連性が必要です。関連性がないサテライトからのリンク効果は減少する可能性が高いです。
  2. サイドバーなどからのリンクは最初から貼っておく
    一般にコンテンツ部分以外からのリンクは効果が低いといわれています(サイトワイドリンク)。サテライトサイトにブログを使う場合などは、サイドバーからもリンクを張ることが多いかと思いますが、必要な先には最初から貼っておきましょう。
    後から張ると既存ページから一気にリンクが増える格好となり不自然です。
  3. アンカーテキストはキーワード・共通にしない
    例えば、本サイトの目標のキーワードが「SEO」であっても、サテライトサイトからのリンクは「SEO」にしてはいけません。「SEOなら○○」といったように文章にしましょう。
    また、本サイトへのアンカーテキストを全て共通にするのもやめておいた方が良いです。それぞれのリンクに適した形にアンカーテキストは変更しましょう。
  4. サテライトサイトにもリンクを集める
    サテライトサイトを作るとき、「本サイト」のことばかりを考えて、サテライトサイトにリンクが全く無いようなケースも見られます。サテライトサイトにもリンクを集めるように努力する必要があります。最初は相互リンクでも構わないと思いますが、ユーザーに役立つ情報を提供して自然な被リンクももらえるように努力する必要があります。
  5. 継続的に更新する
    ウェブサイトの価値として検索エンジンは「運営期間」や「更新頻度」も一つの尺度としています。そのため、作りっぱなしでサテライトサイトを終らせるのはもったいないです。
    ちゃんと、検索エンジンに価値あるサイトとしてみてもらうためには最低でも1週間に1回程度の更新は欲しいところです。

このような条件を満たしておけば、サテライトサイトとして、本サイトに価値の高いリンクジュースを提供することができるでしょう。

SNSでもご購読できます。