Googleが排除する「コンテンツファーム」とは何か?

Googleは、検索エンジンスパムに対する対策を続けてきましたが、2011年になると、いわゆる純粋なスパム対策だけでなく、コンテンツファームに対する対策を重視しはじめました、実際に2011年1月に実施されたアルゴリズムのアップデートによってコンテンツファームと判断されたサイトの検索順位が大きく下落することになりました。

コンテンツファームは低品質・内容が薄くでコピーや量産されたようなコンテンツ」といわれていますが、明確な基準や定義があるわけではありません。

他の大手サイトの情報をコピーしただけのもの、リライトしただけのもの、特に意味の無いような情報を量産したようなものなどが一般的にコンテンツファームであるといわれています。
しかしながら、この基準は曖昧であり、「内容が乏しい・質が低い=コンテンツスパム」という図式は必ずしも当てはまるわけではないでしょう。

内容だけでコンテンツファーム=スパムにはならない?

質の問題で言えば、一般人が質問・回答するようなQ&Aサイトの場合、質は高いものもあれば低いものもあります。そうした中だけを見てスパム(質の低いコンテンツ)とみなすでしょうか?

スクレイピングやAPIを使ったマッシュアップなども同様です。例えばAmazonのAPIを使って擬似Amazonを作っているようなサイトもありますが、こうしたサイトで複数のAPIを使ってマッシュアップしているようなケースはスパム(コンテンツファーム)になるのでしょうか?

それらはスパムではないと思います。まあ、実際にはGoogleの検索結果がどのように変わるか?が重要なのですが、個人的にはこうしたサイトが「コンテンツファーム」としてペナルティを受けるとは思っていません。

ただ、スクレイピングだけで作ったようなサイト、他人のブログのRSSフィードだけで作られたようなサイトは大いにペナルティ対象になってもらいたいと思います。

SNSでもご購読できます。