ホームページの内部SEO対策の基本設定

SEO対策を行う上で、外部対策(被リンク対策)なども当然必要ですが、内部SEO対策も重要です。ここでは、主にテクニカルな面での内部SEOに関する基本的な設定項目を説明していきます。最低限、ここだけは抑えておきたいSEO基本設定です。

内部SEOで重要なHTMLタグの一覧

以下は内部SEOを行う上で重要なタグです。それぞれに意味がありますのでしっかりと抑えておきましょう。

Titleタグ

HTMLページの中で最も重要視されるタグ。そのページ内のコンテンツのキーワードを入れること。また、タイトルを読むだけで何がこのページに書かれているのかが分かるようにすることも重要。また、タイトルの文字数は全角で30文字を超えると、検索結果に表示しきれなくなるので、それ以下に収めるのも重要。
(書き方の例:<title>SEO対策に重要なタグ < 内部SEO対策 |WMイノベーション</title>

Hタグ

H1~H6まである。一般的にはH1~H3くらいまでが重要。CSSを使ってより目立つようにすることが多い。ちなみに、H2以降は一つのHTMLファイルに何度登場してもOKだが、H1タグは1回だけしか使わない。論理構造を示すタグでもあるので、デザインだけでなくHタグによる論理構造化にも取り組もう。(参考:見出しタグを適切に使おう
(書き方の例:<h1>見出し</h1>

Altタグ

画像など検索エンジンなどのロボットが読み込めないファイルの「代替テキスト」。画像に意味がある場合にはAltタグを使って、その画像の意味を伝えよう。SEOとしての意味の他にも、ホームページ音声ソフトなどにおいても、コンテンツとして読み込むので、ユーザビリティの観点からも重要。
(書き方の例:<img src=”img.jpg” alt=”この画像の代替でテキスト” />)

Aタグ(アンカーテキスト)

リンク先を示すのに使われるのが「Aタグ」。SEO上はアンカーテキストもキーワードとして読み込まれているので、アンカーテキストにはキーワードを入れよう。ただし、キーワードのみのリンクなどはスパムと判断される場合もある。(参考:適切なアンカーテキストの書き方
○な例:「詳しくは<a herf=”URL”>内部SEOのためのHTMLタグ</a>へ」
×な例:「内部SEOのためのHTMLタグの詳細は「<a herf=”URL”>こちら</a>」

strong/emタグ

Strong(強調・太字)やem(強調・イタリック表示)などは、HTML構造としての強調を意味しています。検索エンジンにたいしてもこの部分を強調したい!という意図をもっていますので、活用します。ただし、文章全体をstrongタグやemタグで囲ったりするのは逆効果です。
○な例:「重要なのは、適切な内部SEO対策は検索エンジンの上位表示に貢献するのではなく、<strong>ユーザビリティ</strong>にも貢献することである」

内部SEO対策として重要なサイト設計

以下はホームページを構築するときにしっかりと考えておきたい内部構造やサイトの設計方法です。ただし、以下の例は規模が大きいサイトやいわゆるオーソリティーサイトには該当しない場合もあります。

発リンク数

発リンクというのは、HTMLファイルから別のHTMLファイルへのリンク数です。一般には一つのHTMLファイルからの発リンク数は100以下に抑えるべきとされています。(できれば50以下)
発リンク数が多いほど、そのウェブページの持つ価値が分散されてしまうためです。
ただし、非常にページランク(サイト評価)が高いサイトの場合は別。

階層(フォルダ)は2階層程度までがベスト

ウェブページを作る際には、フォルダを用いて階層を作ることが多いですが、階層を複雑化(深くしすぎる)のは検索エンジンのクロール(情報収集)を阻害する恐れがあります。できれば2階層くらいまでに整理すると良いでしょう(あとからの整理は難しいですが・・・)。
逆に同じサイトでもコンテンツの内容が大幅に違う場合には、適切にフォルダわけをする事も大切です。

URLの正規化を実行しよう

通常あるサイト(sample.com)の場合、下の4パターンのURLはそれぞれ同じファイルを示しています。
・http://sample.com/
・http://www.sample.com/
・http://sample.com/index.html
・http://www.sample.com/index.html
これだと、被リンクが分散化したり、わかりにくくなってしまうので、どれか一つに統一すると良いでしょう。内部リンクをする場合なども注意が必要です。
検索エンジン向けにはGoogleの場合、ウェブマスターツール上で正規化が可能です。
また、.htaccessを使って特定のURL以外のアクセスを全て301リダイレクトする方法も有効です。

SNSでもご購読できます。