Google+1のウェブサイトへの導入について

2011年の6月から、Google+1(グーグル版のFacebookのいいね!)をウェブページに表示できるボタンの提供が始まりました。ウェブサイトオーナーは、「Google+1」より、ソースコードを取得できます。(Googleアカウントでログインする必要があります)
今回はこのGoogle+1を導入するかどうか検討している方向けにGoogle+1の内容や意味を分析していきます。

Google+1導入による影響とは

Google+1をウェブサイトに導入して実際に「いいね!」をしてもらった場合にどのような影響があるのでしょうか?Googleは以下のように述べています。

友だちや知人からのおすすめコンテンツは、ほとんどの場合、他人からのおすすめコンテンツよりも関連性が高くなります。たとえば、映画評論家の映画レ ビューは役に立ちますが、自分と同じ趣味の友だちからの映画レビューのほうがもっと役に立つ可能性があります。そのため、友だちや知人が付けた +1 は、ユーザーのクエリに対するページの関連性を Google が判断する際の有効な要素となります。ただし、これはページの関連性と掲載順位を判断する際に Google が使用する多数の要素の 1つにすぎません。Google では検索品質全体の向上を目指して、アルゴリズムの調整、改良を続けています。+1 については、掲載順位に関する他の新しい要素と同様に、これらの要素が検索結果に及ぼす影響を注意深く分析していく予定です。
(Googleウェブマスターセントラルより抜粋)

つまり、直接的な影響としては、自分と関連のあるGoogleユーザーの「プラス1」の評価が検索結果に影響することがある。という点が第1。これについては「Google検索結果に「+1」機能を実装」のエントリーでも説明しました。

ただし、今回のヘルプページをみてみると「+1 については、掲載順位に関する他の新しい要素と同様に、これらの要素が検索結果に及ぼす影響を注意深く分析していく予定です。」という表現もあり、ソーシャルに力を入れ始めたGoogleが「+1」の結果についても「ある程度の影響」を与える可能性があることを示唆しているといえるでしょう。

ただし、「Google が使用する多数の要素の 1つにすぎません」と述べられている通り影響はごく一部に限られるでしょう。

Google+1をサイトに導入するには?

Googleアカウントにログインした状態で「Google+1」のページで「+1ボタン」を表示するためのソースコードを利用できます。
そのソースをページ内に反映させればすぐに「+1ボタン」を反映させることができます。

SNSでもご購読できます。