googleパンダアップデートを日本でも開始。

米Googleによると7月17日の現地時間(日本時間の18日)に検索エンジンアルゴリズムの変更「パンダアップデート」を日本語でも開始したとTwitterで発表しました。パンダアップデートは、質の低いコンテンツを検索結果から除外するためのアップデートで、英語圏などではすでに導入されていましたが、日本では導入されていませんでした。それが今回導入されたことになります。

パンダアップデートって何?

パンダアップデートというのは、Googleにおけるコンテンツ評価のアップデートです。コピーコンテンツや質の低い情報を低く評価し、逆にオリジナリティに富み、独自の解析がなされているようなサイトを上位表示するようにするという検索アルゴリズムの更新です。

つい最近更新された「ペンギンアップデート」よりも随分前から存在はしていましたが、日本語には導入されてきませんでした。

私が管理しているサイトでは、一部のサイトに下落が見られました…。一方で順位が上昇しているサイトもあります。ただし、変動の幅はそこまで大きくないようです。
変動の大きさでいえば前回のペンギンアップデートの方がよっぽど大きな影響が出ていました。

しばらくは静観が必要だと思いますが、順位に悪影響がでたサイトについては修正等を加えていかなくてはなりませんね。

SNSでもご購読できます。