Googleがペンギン2.0の導入を発表。リンクスパムへの対策強化

Googleが期日中に「ペンギンアップデート」の次世代版2.0を適用するということです。前回のペンギンのバージョンアップ版ということです。ペンギンアップデートはリンクスパムを行っているウェブサイトにペナルティを与えるアルゴリズムです。

上の図は、ペンギンによって影響を受けたサイトのアクセス数推移です。
見事にペンギンアップデート1.0に引っかかって落ち込んでいます。

今回のペンギンアップデート2.0はこれまでのペンギンでは検知できなかったスパムも見逃さないと主張していることから強力なフィルターを掛けてくる形になるんでしょうか。

 

ペンギンアップデートからの回復は不可能?

ちなみに、ペンギンアップデートの影響はかなり大きく、またリカバリー(回復)が大変困難であることも知られています。そのため、一部ではペンギンにやられたサイトは回復させるために努力するよりも捨てて新しいサイトを作った方がよいという話も良く耳にします。

ペンギン2.0でどうなるのか、いずれにせよ近いうちに結果はわかるでしょうし、気長に待ちましょうか。

SNSでもご購読できます。