Googleウェブマスターツールのダウンロードで文字化けを解消する方法

Googleウェブマスターツールにおける検索クエリはSEO対策やウェブサイトの改善に欠かせない分析となります。しかし、標準の「このテーブルをダウンロード」を利用してCSV保存すると、エクセルなどで閲覧できない、文字化けを起こしてしまいます。今回はこの文字化けを解消する方法を説明します。

文字化け解消の2ステップ

実はすごく簡単です。GoogleウェブマスターツールでダウンロードしたデータはUTF-8という文字コードで書かれているので文字化けしているので、それをShift-JISに修正してあげれば、文字化けは解消します。

私の場合はterapadを使います。

そして、ダウンロードしたCSVファイルをterapadで開く、「ファイル」→「文字・改行コード指定保存」→「UTF-8をShift-JISに変更」してOKすれば完了です。
詳細は画像をご覧ください。

そのあとは、普通にエクセルなどで開いても、日本語が文字化けすることなく読むことができます。

SNSでもご購読できます。