効果的なページタイトルをつけよう-Googleが教えるSEO-

ページタイトルというのは、HTMLのソースでいう<title>この部分</title>を指します。
このタイトル部分というのは、「このページ(サイト)で述べられている事はこういうことですよ」という内容を指しています。
そのため、検索エンジンが最も重要視する内部構造の一つであり、また検索結果に表示されるのもこのタイトル部分なので、ユーザーにとっても意味のある内容である必要があります。

Googleは以下のように解説しています。

ページタイトルとは、サイトの訪問者と検索エンジンの双方にそのページのトピックが何であるかを伝えるもので、titleタグで指定します。titleタグは、HTML文書内のheadタグの中に配置します。サイト内のページには、それぞれ固有のページタイトルを付けることが理想的です。

検索結果ページにサイトが表示されるとき、通常はページタイトル(titleタグの内容)が検索結果の一番上の行に表示されます(Googleの検索結果をよく知らない方は、Googleヘルプセンターに記載されているGoogle検索の基本:検索結果の見方をご覧ください)。また、検索キーワードに一致する語句がページタイトルに含まれている場合は、その語句が太字になります。これによってユーザーは、そのページが検索キーワードに関連しているか把握しやすくなります。

魅力的かつSEOに強いタイトルの付け方

では、実際に魅力的でSEOに強いタイトルの付け方を見ていきます。ここでは、やっては駄目なケースとその改善について説明します。

タイトル:当社について
当社って何よ?って話になります。この場合「株式会社●● 会社概要と沿革」といったようにすることでこのページに何が書いてあるのかがより分かりやすくなります。

タイトル:製品について
こちらも製品では何なのか分かりません。この場合商品名「業務用万能調味料×××」といったように商品名にしましょう。

タイトル:●●の魅力その1
魅力その1と書かれてもユーザーは意味不明です。この場合「●●の魅力 | 朝の忙しい時間を短縮できる」といったように具体的な魅力をわかりやすく記述します。

タイトル:極端に長いタイトル
極端に長いタイトルはもはやタイトルではありません。その場合、descriptionタグを使ったり本文で書くようにしましょう。また、長すぎるタイトルは検索エンジンが表示する際カットしてしまいます。

よくありそうな、あまり魅力的でないタイトルを並べてみました。改善のポイントとしては、そのページで言われていることは何か?がタイトルを見ただけでできる限りわかるようにすることです。

あなたのホームページのタイトルをよりSEOに強くするポイント

ここでは、SEO上有利と考えられるタイトルの付け方をポイント解説していきます。

  1. タイトルは重要なことを前に書く。(例 タイトル | サブタイトル)
  2. タイトルには「検索目的のキーワード」を加える。
  3. ただし、無意味・本文中で書かれていないキーワードは掲載しない。
  4. 検索結果を見たときに思わずクリックしたくなるように推敲を重ねる。
  5. 他のページとタイトルが被らないようにする。

本文書はGoogle発行の「検索エンジン最適化スタートアップガイド(PDF)」を元にSEO対策を解説しています。まとめ記事は「Googleが教えてくれる検索エンジン最適化(SEO)14のポイント」。

SNSでもご購読できます。