GoogleのWEBページの品質を判断する「E-A-T」とは何か?

Googleは2016年3月28日に一般公開している「検索品質評価ガイドライン」を更新しました。中でも「E-A-T」と呼ばれる項目の強調が重視されているということです。このE-A-Tとは何なのか?また、それに対応したWEBサイト作りをするにはどうしたらいいのか?ということを紹介していきます。

E-A-Tは専門知識、権威性、信頼性

「Expertise」「Authoritativeness」「Trustworthiness」の頭文字をとったもので、日本語だと専門知識、権威性、信頼性ということになりそうです。

WEBサイトというのは誰でも立ち上げることができますが、特にYMYL(Your Money or Your Life)に関する分野については以前から重要視されていますが、その幅の拡大が今後も進みそうです。

現在あるいは将来の幸福や健康的な生活(身体的、経済的、安全性など)に大きな影響を与える可能性があるページです。YMYLページは、信頼できるサイトに掲載されるべきで、そのコンテンツは高度な専門性と権威とともに作られていなければなりません。

 

専門知識、権威性、信頼性はどうやって担保する?

一つとしてはWEBサイトの運用年数、他にも過去の記事の更新が適切に行われていて古い情報になっていないなどが挙げられるでしょう。

また、ブランドも重要です。オーサーランク(Author Rank)などの著者情報に基づくアルゴリズムについては一歩後退した感はありますが、こうした、誰が書いているのか?ということについてはますますGoogleは重要視する方向に向かうと思います。

 

RnakBrainと呼ばれる、機械学習技術を使った人工知能を、検索結果アルゴリズムに組み入れなど、検索結果はますます高度化することは間違いなく、その高度化の家庭の中では上記の「専門知識、権威性、信頼性」がより重要視されることは間違いないでしょう。

普段からのWEBサイトの構築においてもこうしたことを意識した上でのサイト作りを考えていく必要がありそうです。

 

以上、GoogleのWEBページの品質を判断する「E-A-T」とは何か?というお話でした。

SNSでもご購読できます。