2016年5月よりモバイルフレンドリー対応がより重要に。ランキングへの影響がより大きく。

すでに多くのサイトがレスポンシブデザインを始めとして、WEBサイトをスマートフォンなどのモバイル端末に対応させることは実施しているかと思います。その大きな転換点となったのが2015年4月に実施がアナウンスされて実施されたモバイルフレンドリー・アップデート。モバイルフレンドリーでないサイトの順位が下がるというものです。

公式サイトでによると2016年5月以降はこのモバイルフレンドリーをより強化すると発表しています。実際のところモバイルフレンドリー対応の有無によるランキングの差はそこまで大きくないと感じていましたが、ついにそれが強化されるようです。

追加の対応は必要ない模様

サイトがすでにモバイル フレンドリーである場合は、今回のアップデートによる影響はありません。モバイル フレンドリー サイトについてサポートが必要な場合は、モバイル フレンドリー テストとウェブマスター向けモバイルガイドを確認されることをおすすめします。なお、検索クエリの意図は引き続き重要なランキング要素となります。そのため、モバイル フレンドリーではなくてもページのコンテンツの質が高ければ、関連性の高い優れたコンテンツとして今後もランキングされることがあります。

一部では新しいモバイルフレンドリーのシグナルが追加されるのではないか?という憶測もあったようですが、こちらはないようです。さらなる対策が必要と言うわけではなさそうなので一安心ですね。

 

まずは、モバイルに対応できているかどうかチェックしよう

Google Search Console(旧:ウェブマスターツール)の「検索トラフィック>モバイルユーザビリティ」の項目で問題のあるページが表示されます。もしも対応できていないページがまだあれば表示されているはずです。

 

以上、2016年5月よりモバイルフレンドリー対応がより重要に。ランキングへの影響がより大きく。というお話でした。

SNSでもご購読できます。