ペンギンアップデート

ペンギンデート、常時変更型のアルゴリズムに変更か

リンクスパムサイトを排除するGoogleの検索エンジンアルゴリズムであるペンギンアップデートについて、従来の特定のタイミングで適用されるタイプから常時変更型のタイプへと変更されたことが明らかとなりました。2014年10月中旬から適用されたペンギンアップデートは長期にわたって影響が出ていましたが、これがその理由なのでしょう。

続きを読む

ペンギンアップデート3.0が1年ぶり2014年10月中に実施予定

ペンギンアップデートはリンクによるスパムを排除するためのアルゴリズムです。自演リンクなどによって検索順位を上げようとするスパム行為を行っているサイトの順位低下などをもたらします。

ペンギンアップデートが最初に行われたのは「2012年4月24日」です。これまで被リンクについては無効となることはあっても、それでペナルティは無いというが半ば常識で、過剰な相互リンクやペラサイトなどを使ってリンクを集めていたサイトが大ダメージを受けたというのが記憶に残っています。

続きを読む

ペンギンアップデート3.0が実施か?namazは変動率28.6と数値を振り切る(誤報)

2014年8月23日においてペンギンアップーデート3.0が実施されたのではないかという情報が流れています。検索結果の変動幅などを公開しているnamazでは変動グラフが28.6と過去の変動幅を見ても最大規模の動きを示しています。その一方でmozcastのような海外の検索結果の調査サービスでは大きな変動は見られていないようです。これまでのペンギンアップデートは全世界で同一に行われたため、日本独自の更新であり、ペンギンではないという意見もあるようです。

大変動は発生しましたが、すぐに元通りとなり、Googleが何かしらの大規模なテストを行ったという見方が有力です。

続きを読む

検索エンジンが生命線の事業リスク

検索エンジン(SEO)による集客が収益力の源だった「リブセンス(ジョブセンスなどの求人サイト運営)」ですが、成長が失速しています。同社はSEOによる集客が強く、それによってローコストで求人希望者を集めることと祝い金制度でライバルの多い求人分野で勝ち上がってきた企業です。
参考:ジョブセンス | 祝い金がもらえる求人サイトだけど…

売り上げは何とか上がっているものの広告費が激増したため収益性は相当低下しているもようです。

続きを読む

ペンギンアップデート2.1が実行(10/4)

Penguins2013年10月4日(日本時間5日早朝)にペンギンアップデートの最新版となるペンギンアップデート2.1が実施されたとアナウンスされました。ペンギンアップデートはGoogle検索における被リンクスパムによって検索順位を上げようとするサイトを排除するアルゴリズムです。
マットカッツ氏が自身のtwitterで報告しました。

続きを読む

無料ブログを使ったサテライトサイトが無効に?

blog先月くらいから、大手ブログスタンドの「ヤプログ」がブログサービス内で書かれたすべての記事のコンテンツ部分からのリンクおよびサイドバーからのリンクに対して「rel=”nofollow”」タグを挿入しているようです。ライブドアブログでもスパムサイト排除という形でブログ削除を続けているようで、今後この流れが主流となりそうです。

続きを読む

ペンギン2.0が反映、微妙な感じがするアップデート

Penguinウェブスパムに対するアップデートといわれる「ペンギンアップデート」の第2弾(実質4度目)のアップデートが行われたそうです。前評判ではスパマーどもを殲滅してやると言わんばかりのものでしたが、実際に適用されるとさほど影響はなかったようです。

続きを読む

ネットでの保険一括見積もりの「ウェブクルー」がGoogleアルゴリズム変更で下方修正

大手比較サイトの「ウェブクルー」が中間決算において業績の下方修正を発表しましたが、その原因がGoogleのアルゴリズム更新によるものだということです。Googleは今年に入ってペンギンアップデート、パンダアップデートを日本国内において実施、これにより大きな影響を受けたサイトも多かったと思いますが、大手サイトも例外ではなかったみたいですね。

続きを読む