google

GoogleのWEBページの品質を判断する「E-A-T」とは何か?

Googleは2016年3月28日に一般公開している「検索品質評価ガイドライン」を更新しました。中でも「E-A-T」と呼ばれる項目の強調が重視されているということです。このE-A-Tとは何なのか?また、それに対応したWEBサイト作りをするにはどうしたらいいのか?ということを紹介していきます。

続きを読む

2016年5月よりモバイルフレンドリー対応がより重要に。ランキングへの影響がより大きく。

すでに多くのサイトがレスポンシブデザインを始めとして、WEBサイトをスマートフォンなどのモバイル端末に対応させることは実施しているかと思います。その大きな転換点となったのが2015年4月に実施がアナウンスされて実施されたモバイルフレンドリー・アップデート。モバイルフレンドリーでないサイトの順位が下がるというものです。

公式サイトでによると2016年5月以降はこのモバイルフレンドリーをより強化すると発表しています。実際のところモバイルフレンドリー対応の有無によるランキングの差はそこまで大きくないと感じていましたが、ついにそれが強化されるようです。

続きを読む

ツールバーのPageRankがついに完全終了。PageRankが表示されなくなる

すでに更新されなくなって久しいGoogleのツールバーにおけるPageRankですが、古いサイトには更新される前のランク情報が掲載されています。ところがこの表示についても表示されなくなるそうです。

内部的にはPageRankというシステムは残っているはずで、検索エンジンの結果(ランキング)に対する影響は残りますが、それを私たちが外部から確認することができなくなるわけですね。

続きを読む

モバイルフレンドリー対応の為だけにやるべきこと(CSSレイアウト編)

2015年4月21日よりモバイルフレンドリーでない場合、スマホ検索時の検索順位が低下する可能性が極めて高くなります。それを踏まえて、古いサイトを運営している方向けにレスポンシブデザインとすることで自分のサイトをモバイルフレンドリー化するための方法をまとめたいと思います。

続きを読む

Googleウェブマスターツールに「手動対応」の項目が追加


Googleのウェブマスターツールに、当該サイトが手動対応(ペナルティ)を受けているかどうかを表示してくれるようになりました。上はペナルティを受けている例です。全体の一致はサイト全体へのペナルティで部分一致は部分的なペナルティということです。

続きを読む

ペンギン2.0が反映、微妙な感じがするアップデート

Penguinウェブスパムに対するアップデートといわれる「ペンギンアップデート」の第2弾(実質4度目)のアップデートが行われたそうです。前評判ではスパマーどもを殲滅してやると言わんばかりのものでしたが、実際に適用されるとさほど影響はなかったようです。

続きを読む

fc2ブログからスパムリンクと不自然リンクの否認ツール

ペンギン2.0ちゃんがやってくるというので、自分の運営サイトに変なリンクがついてないかを再チェックしてたら、左図のようなランダムで作られたとみられる、fc2ブログからあほみたいにリンクが付けられていました。

のぞいてみると、FXとかの広告が出ているわけです。そんでもって、ページのフッターの方に検索エンジンの検索結果をコピーしてきて、ご丁寧にリンクを正規化したものが張られているわけです。

続きを読む

Google検索結果に「+1」機能を実装。検索結果をユーザーが評価。

Googleは検索結果ページに「Google+1(プラスワン)」を一部に実装したということです。Google検索におけるFacebookの「いいね!」ボタンと類似したサービスとなっています。
+1(プラスワン)されたウェブページは友人・知人に対して価値のある情報として、これらの人のGoogle検索結果のランキングに対しても影響を与える模様です。Googleのソーシャル化が一歩進んだ形でしょうか。

続きを読む

Googleが教えてくれる検索エンジン最適化(SEO)14のポイント

最近では、インターネットを使った販売促進も広く知られるようになり、SEO(Search Engine Optimization)という言葉もかなり一般化してきたような印象があります。
しかし、SEO対策について「単にリンクをたくさん集めればいいんでしょ?」といったような間違った認識も多く見られます。

今回はSEO対策を始める前にぜひ知っておきたい検索エンジン最適化の基本を最適化の対象ともいえる「Google」自身が発行しているスターターガイドを元に解説します。

続きを読む